誰もが夢見る20代女子との結婚現実性についても言及

ページ
トップ

副次的課題もある40代婚活

40代になり婚活をはじめる男性

40歳を過ぎる年齢の問題だけでなく、様々な副次的課題を抱える方も多くなってきます。
容姿だけでなく、離婚歴や子供の有無から親の問題まで結婚に対するハードルはどうしても上がってきてしまいます。
そんな40代男性に向けたネット婚活での賢い戦い方を解説します。

男性の場合、40歳を超えても一定の需要があるのは事実ですが、ターゲットにするお相手の年齢や条件により、その戦略や難易度は大きく変わってきます。
また、バツイチや子供の有無でも立ち回り方が異なってきます。

同年代女性を狙うなら

同世代(30代後半−40代女性)をターゲットにするのであれば、抜きい出たステータスが無くとも誠実さと熱意を伝えられれば、決して難しい話ではないでしょう。
ただ、同世代女性も大きく2種類に分かれます。

一つは、純粋に人生を共に歩くパートナーを探しているケースで、これまで結婚の機会に恵まれなかった人・離婚してしまった人など様々ですが、相手に求めるスペックも割りと現実的で、内面を重視し容姿や年収に対して強いこだわりを持たないタイプです。

もう一方は、若い頃にチヤホヤされていた感覚を忘れられないか"今更妥協できない"と強い競争心を持っているタイプです。
こちらは「年収800万以上でないとNG」「痩せ型で一流企業務めでないと…」と厳しい条件を設定しているので、世間では平均的な40代男性だったとしても見向きもしないでしょう。

実は、40代男性の婚活サイト戦略として最も大切なのは、自身をどう魅せるか、よりも"相手をどう見極めるか"が重要なポイントになってきます。
つまり後者の"高望み女"では無く、前者のように純粋に居心地の良さや人間性を重視している女性を選んでアプローチするのです。

具体的には、プロフィールも見栄を張ってステータスを強調するのではなく内面や考え方、結婚に求めるものをしっかり書き熱意や人間性を伝えます。

・40代で独身な理由
・こんな夫婦になりたい
・互いを尊重したい

など、を全面に押し出したアピールがよいでしょう。
仕事に関してはしっかりと定職に付いていてある程度安定した収入があることが伝われば、多くを語る必要はありません。

特に婚活サイトであればマッチング成立が第一ステップとなるため、プロフィール段階から「ステータスは標準的だけれども、幸せな夫婦になりたい」という熱意を込めるのです。
先ほど上げた"高望み女"であれば、このトーンのプロフィールには見向きもしないでしょう。
必然的に、純粋に共に歩むパートナーを探している女性のみとマッチングをしていくこととなります。

さらに、40代になると"子供はもう厳しいかな…"と出産にハードルがあることを結婚の障壁と考える女性が多くなります。
子供に対して強いこだわりが無いのであれば「夫婦二人で幸せに暮らしていければ子供にこだわりはない」ということを軽く書いておいてあげると、女性側も安心してアプローチし易くなります。

離婚歴がある場合

40代であれば、バツイチや子持ちの事情を抱えている方も少なくありません。
新たなパートナーを真剣に探しているのであれば、これらは隠さずに公開することをお奨めします。
婚活サイトの選択式プロフィールの中には必ず「婚姻歴有無」「子供の有無」を入力する欄がありますので、正直に選択しましょう。

40代になると、まず離婚歴や子供有無を気にされます。
仮に、これらを隠してデートに至ったとしても事実が知れるのは時間の問題ですし、バツイチを許容するか否かは"結婚に対する根本的な考え方"になってくるので、もともと許せないと考える女性に対して、いくら説得しても理解してもらえないことがほとんどです。

特に年齢を重ねるにつれて重要な項目になるので、ありのままを公開しておくことをお奨めします。

最近は婚活サイトも多様化しており、再婚やバツイチを積極的に支援するサービスも登場しています。
これらのサイトであれば、事情を理解したお相手と出会えるので、過去の婚姻歴を後ろめる必要もありません。

夢の20代女子は狙えるのか?

さて、40代男性の中でも20代の若い子と結婚したい…
と考えている方は多いのではないでしょうか。

結論から言えば、不可能ではありません。

ただ、あなたの魅力が彼女らと歳の近い20-30代男性と変わらない、もしくは見劣りしていれば夢物語に終わるでしょう。
魅力と濁した言い方をしましたが、ネット婚活においてはステータスが全てと言っても過言ではありません。
リアル世界で若い子と接する機会があれば、包容力や一回り以上離れた男から放たれる余裕の雰囲気に魅了されることもありますが、画面の中でそれを期待するのは難しいでしょう。

「年収1,000万円」「年齢にも負けない魅力的な容姿」「女子を飽きさせない豊富な引き出しと人生経験」
他の若い男どもを差し置いて、選んで貰えるだけの"わかりやすいステータス”を兼ね備えて初めて現実味が出て来る話だと思ってください。

そんな抜きい出たモノなんて無いな…
という人は諦めるしかないのか?

絶対に若い子と結婚できると明言することはできませんが、可能性がゼロでは無いのが人生でありネット婚活の強みの一つです。
多くの物事は確率論で成り立っており、数をこなせば必ずアタリを引けます。婚活市場も例外では無くダメ元でもサイコロを振り続けた者の勝率が上がるのは確かです。

詳しくはこちらの記事で紹介していますので、どうしても20代の若い女子がいいという方は参考にしてみてください。


ここまで説明したように、ターゲットを30代後半-40代の同世代にするか、打率は下がっても20代-30代前半の比較的若い女性を狙いに行くかで戦い方は大きく変わってきますが、婚活サイトにおける男性は40代でも十分に需要があります。
現実路線の30-40代女性をメインターゲットにしつつも、複数サイトとある程度の資金力を駆使して20代女性を追ってみてはどうでしょうか。
年齢だけが全てではありませんが、消去法で選択した結婚と「若い女子も候補にいたが、それよりも魅力的な同世代女性を選んだ」というのでは雲泥の差ですよね。



▼メニューへ