まさに女性のために運営されている婚活サイトだなと安心できる内容です。

ページ
トップ

両親から結婚へのプレッシャーをかけられて…

女性にとって25歳という年齢は、男性から見ると今も昔も変わらないのかな?と思いました。
価値観の多様化だとか晩婚化だとか言われていますが、恋愛らしい恋愛もしないで25歳の誕生日を迎えようとした年、母から「結婚するんでしょうね?」と言われたんです。

恋におっくうになっている女性

もちろん、結婚はするつもりでしたし自分としてはそんなに悠長に構えている感じでもなかったのですが、少なくとも家族からは不安がられる様子に見えていたんでしょう。
それ以降というもの「彼氏ができたら連れてきなさいよ」とか、「お前を嫁に出すのは寂しいけれど、仕方ないもんな」などと両親からのプレッシャーが半端じゃないのです。

すると私としても用心深くなってしまい、軽い気持ちで男性と交際することが怖くなってしまいました。
だって、その人がどういう人かも深く分からないまま、もしもそのまま周囲に流されて結婚なんてことになったら一生の不覚になりかねませんよね。
そんな話を会社のランチの時に、仲の良い同期たちと話していたらその中の1人が「F先輩はお見合いサイトで婚活したらしいよ」と思わぬ情報が!

F先輩といえば美人だし仕事もできるし、社内でも評判が良くてお相手に苦労するようなタイプに見えないのに、と半ば本気にしていなかったある日、そのF先輩と日帰り出張をすることになったんです。

移動中の時間つぶしに成り行きで私が両親にプレッシャーをかけられて困っていることを愚痴っぽく話したら、F先輩が「結婚相手は本気で探して、しっかり見極めたいわよね」と同調してくれました。
さらに、その時に「実はね、私はマリッシュっていう婚活サイトを使ったのよ」とまさかのカミングアウト!?

しかし、F先輩はこれまでも結婚相談めいたことを受けると、自分の体験談も交えてマリッシュを勧めてきたのだとか。
そのくらい今やネット婚活は身近なもので、モテない人の駆け込み寺やその場限りの遊びの相手を募集するというネガティブなものではなくなっているのだそう。

「ただし、マッチングサイトのクオリティーを見極めるのがポイント」なのだとかで、F先輩は実際に自分が使ってみて人に勧められると思ったのがマリッシュなのだそうです。
そして、一言「ここだけの話、会社や私生活で知り合う男性なんて限られてるし、うちの会社にはときめくような男子っていないでしょ」と。

なるほど、結婚相手を探すには向こうも同じくらいの意識の高さで相手探しをしていることと、そんな人たちが大勢集まる場所なら自然とカップル成立率も高くなるはずですよね。
その日の内に私はマリッシュの無料会員に登録しました。

すると、無料会員であるにもかかわらず翌日には2人の男性からコンタクトがあり、そのフットワークの軽さに驚きましたが相手の顔写真を見ようとすると、どちらも公開範囲を設定していて見ることができなかったんです。
それで、逆にマリッシュを活用している人たちの本気度を感じることができ、私も有料会員になって積極的に婚活をすることにしました。

固く握られた男女の手

だって無料SNSだとプロフィール写真なんて、個人を特定するものを載せいている人は少ないくらいなのに、マリッシュではしっかり自分の顔を出している人が多いのも特徴だと思います。

かといって、その画像を誰にでも見られるようにするのではなく、ちゃんと公開範囲を決められるのでお互い安心なんですよね。
さすがF先輩がお勧めするだけの婚活サイトだと感心するのと共に、両親には内緒で理想の結婚相手をここで探しちゃおうと思いました。



▼メニューへ