ブライダルネットの婚シェルは自己紹介記事を制作してくれて助かりました。

ページ
トップ

26歳女性から頂いた
ブライダルネットの体験談

ブランド化粧品の販売コーナー

私は某ブランド化粧品の販売をしている、いわゆるBA(ビューティー・アドバイザー)と言われている仕事をしています。
そのため、毎日のメイクやヘアスタイルには絶対に手が抜けません。
どうしても仕事柄、新商品の特徴などをお客様に分かりやすく見て頂くためにメイクが濃い目になってしまうのです。

けれど、それがそのまま他人から見た私の印象を左右しているのでしょう。
仕事メイクの時には、同じフロアのテナントに入っている男性社員さんともビジネストークしかされたことがないのです。
正直言って結婚願望が強いため、そんな状況に「このままで大丈夫なのかな?」と焦っていました。

そんな時に目に入ったのが、婚活サイトという文字だったんですよね。
「その手があったか!」と、その週の休日丸1日を費やしていろいろな婚活サイトを見て回り、ふるいに掛けて最後に残ったのがこのブライダルネットでした。

私がブライダルネットを選んだ理由は、婚活サイトの中でも老舗であることとカップルの成立数が多そうだと感じたからです。
自分が老舗ブランドで働いているので、長く顧客に愛されてきた歴史は時間だけでなく実績と信頼に裏打ちされていることを肌で感じています。
だから、ブライダルネットが2000年から今もなお、会員数が右肩上がりで増えているというところに注目しました。

さっそく登録して、まずは1か月分の会費を払って自分のプロフィールを作りました。
ブライダルネットでは、サイトスタッフを「婚シェル」と呼んで迷ったり疑問に思ったことなどをすぐにサポートしてくれるシステムがあるので便利です。
その婚シェルさんが私の好みや結婚観などをいろいろカウンセリングしてくれて、なんと自己紹介の記事を制作してくれるんですよ!

このサービスは助かりましたね。
だって、SNSではまず自己紹介の記事からその人の人柄を読み解く手掛かりにするじゃないですか。
それが将来を決めるかもしれない婚活サイトでの自己紹介となると・・・

もしも、自分で書かなければいけないとしたら就職の時の履歴書並に頭を抱えてムダに時間を使っていたかもしれません。
今はまだ、登録が終わりいろいろな機能や他の人のプロフィールを見て回っている段階ですが、すでに何人もの男性からメッセージが入ってきている状態です。

婚活に期待を寄せる女性

なんとなくですが、もしかしたらブライダルネットを使えば理想にかなり近い男性との出会いも夢ではない気がしてきました。
私のBAという職業も理解してくれて、その上で本当に素顔の自分で接することのできる男性に巡り合えたらいいなと思っています。


▼メニューへ