紹介されて即日登録したフットワークの軽さが、私の夫との出会いを運命付けたと言えます。

ページ
トップ

36歳女性管理栄養士の婚活体験談

結婚式で幸せを感じる新婦

夫とは1年と少し前に「マッチドットコム」という婚活サイトで出会いました。
当時、私は婚活サイトを含め出会い系そのものに猜疑心がいっぱいだったのですが、ちょうどその頃に私の周りでは結婚と出産ラッシュがあったんです。

さかのぼること2年前、職場の同世代が2人、同級生の友人が3人、そして2歳年下の従妹の結婚式とそれはもう自分が行き遅れの独身であることを繰り返して思い知らされる1年でした。
いくらなんでも35歳までには結婚をしているだろうと根拠のない自信があった私にとって、目の前に突き付けられるそれらの現実は大いにショックで半ばパニック状態に(笑)
だって、振り返ってみた我が身は結婚どころか恋人もいない状態で、しかも恋愛と呼べるような関係を持ったのは10年近くも昔のことなのですから。

そんな私に新婚ほやほやの従妹が教えてくれたのが「マッチドットコム」でした。
今や婚活もネットの時代であり、しっかり見極めて選ぶ目を持っていればマッチングサイトをむやみに怖がる時代ではないと言うのです。

しかも彼女のご主人も「マッチドットコム」で出会ったとの告白に、私は即日登録してしまいました。
このフットワークの軽さが、私の夫との出会いを運命付けたと言っても過言ではないでしょう。
というのも、彼はそれより半年近く前に「マッチドットコム」の会員になっていたもののなかなかピンとくる女性に巡り合えなかったらしいのです。
システムでは期間延長も当然できるのですが、彼はなぜか「半年やってみて理想の相手に出会えなかったら退会しよう」と最初から決めていたそうです。

そして残りわずか20日というタイミングで私が登録して、その私のプロフィールを「マッチドットコム」の紹介システムが「お勧めのお相手」として彼に送ったというわけなんですね。
この紹介システムではお互いに合いそうな相手を毎日10名選んでくれるのですが、登録したばかりでマッチングサイト初心者の私はただただ見守るばかりでした。

けれど、私の方も夫の顔写真を見たときに強く惹かれるものがあり、それは単にカッコイイとかそういう外見的なことだけじゃなくてすごく親しみを感じたんです。
そんなこんなで、私にしたら登録1週間もしない内に将来の夫が見つかり、彼は最後の半月ほどで私と出会ったということに不思議な運命を感じています。

夫婦になって幸せな二人

しかも彼は海外赴任中で、本来ならば絶対に出会うことなどできない2人でした。
それがこうして今は同じ屋根の下に暮らす夫婦になっているのですから、私はあの時に「マッチドットコム」を使って本当に良かったと思っています。


▼メニューへ