ユーブライドは、登録者数が知る限り最も多くて、評価も良かったので利用してみました。

ページ
トップ

27歳女性から頂いた
ユーブライドの体験談

結婚そのものは漠然と大学を卒業した頃から考えていました。
しかし実現するには相手がいることだし、誰でもいいわけじゃないのが難しいところですよね。

一生を共にして家庭を築く相手となると、たとえ恋愛対象になる男性がいたとしても結婚に踏み切れるかというと、それもまた違います。
私はずっと実家暮らしなのですが、25歳を過ぎたくらいから「お付き合いしてる人はいないの?」と母にプレッシャーをかけられてきました。

かつては私にも恋人がいました。
でも結婚後の人生設計の考え方があまりにかけ離れていたのと、彼の金銭感覚のルーズさがどうしても一歩を踏み出せない原因となり、私の方から別れてしまいました。

その後は職場と家の往復で、異性との出会いもなく25歳を迎えました。
母が「30歳までには子供を産んだ方が、後が楽なのよ」と常々言うのを聞くのも鬱陶しく感じていたとき、ネットで婚活している人たちがいることを知りました。

結婚して子供を授かった女性

ネットでの男女の出会いは、自分には遠い世界のように思っていましたが、今の時代それもアリだなと。
そこでいろいろ調べてみたところ「ユーブライド」という婚活サイトが、登録者数が知る限りもっとも多くて評価も良かったので思い切って利用してみることにしました。

最初は何もできず、ただログインしてはボーっと眺めているだけの日々。
男性からのメッセージは登録してすぐに数件ほど着ていましたが、どこかで不信感があり返信もでずに、今思うと本当に申し訳ないことをしました。

アクションを起こしたのは、入会後1か月過ぎた頃でした。
男性のプロフィールを見て回っていた時に、ふと目に止まった「離島在住ですが、真面目に真剣に結婚相手を探しています」という一文がありました。

婚活サイトで知り合った男性は同じ保育職

なんとその男性は人口数千人の島で、保育園を運営している人でした。
「真面目に真剣に」という文字に、なぜか温かい人柄を感じて思い切って私の方からメッセージ(女性は無料会員でも定型文でメールが送れます)をしてみたんです。

2時間後くらいにその人からのメッセージがきて…
翌日には、私は無料会員だったのを有料会員に登録し直していました(笑)

女性は無料会員でもいいのですが、じっくり誰かとメッセージの交換をしてもっとその人を知りたいとなると、やはり有料にした方が便利なんですよね。

というわけで、その人が今の彼です。
彼とはもう3回ほどお会いしています。

お互いに気も合うし、何より幼児教育に関しての考え方が似ているので、私としては将来も考えられる相手だと思っています。
気の早い話しですが、もしも彼からプロポーズされたら彼の住む離島へ行くのも構わない覚悟でいます。

そのくらい「真面目に真剣に」、生涯の伴侶として考えられる人に出会えました。
でもそれはまだまだ私の気持ちの中だけの話で、現実は遠距離の彼と毎日ネット通信を使ってコミュニケーションを深めている最中です。


▼メニューへ