たくさんの男性が結婚相手を探しているのだと知ると、気持ちに余裕が持てるようになりました。

ページ
トップ

29歳女性建築士の婚活体験談

真剣に結婚について考え始めた女性

私が真剣に結婚を考えた背景には、10代の頃に漠然と抱いていた人生の設計図と今の現実が大きく離れてきてしまっている事実があったからです。
高校生ぐらいの時は「社会人経験を3年ぐらい積んで25歳までには結婚、子供は遅くとも28歳までには欲しいなぁ」というものでした。

その後、自分のやりたいことが見つかって大学へ進んでからは「結婚は28歳までにして、すぐに子供を作って30歳にはママになっていよう」に変わり始めました。
しかし、その30歳を目の前にした現在の私はというと出産どころか結婚を考える相手さえ見つかっていないという状況です。

まさにこれは人生の一大事!
このままでは30歳を過ぎても独身で、仕事のスキルアップはしてるだろうけれど私生活ではお独り様の経験値しか上がっていかないではないですか。
すでに取引先の業者からは「不動産の所有を考えてみませんか?」との打診がチラホラ。
けれど「結婚相手を探しています」というような張り紙を貼って歩くような素振りは、さすがに恥ずかしいですよね。

そこで私が選んだ婚活方法は「ユーブライド」というマッチングサイトの会員になって理想の結婚相手を探すというシンプルなものでした。
ただこのようなネット婚活の敷居の高さは、その安全面への不安にあると思いました。

そしてそんな不安を作り出しているのは、情報不足による無知が原因のひとつでもあるのです。
だから私はたくさんの婚活サイトを調べて分からないことは直接問い合わせたりして、その結果「ユーブライド」の有料会員になることに決めました。

「ユーブライド」では女性は無料会員でも文字制限はあるもののメッセージを送ることが可能です。
おそらくですがそのため気軽に登録している女性は大勢いるでしょう。
そこで私は最初の1か月だけは無料会員のまま様子を見て、2か月目からはその他大勢の女性との差別化を図るため有料会員になりました。

これは両方を経験してみて私が感じたことですが、やはり有料登録するとアプローチしてくる男性も本気度が高い人が多くなる気がします。
そしてもうひとつ「ユーブライド」を利用して変化したのは、あんなに結婚を焦っていた自分の意識でした。
婚活サイトだけあって男性は選り取り見取り(といっても全員が私のことを気に入ってくれるわけではありませんが・笑)

焦らず余裕を持って婚活を始めた女性

これまでは対象が極端に少ないから慌てていた側面もあり、現実にはこんなにたくさんの男性が結婚相手を探しているのだと知ると気持ちに余裕が持てるようになったんです。
だから私はじっくり腰を据えて人生のパートナーを「ユーブライド」を通して見つけます!
ただし目標は数年先ではなく、半年以内という現実を直視したものに変わっていますけどね♪


▼メニューへ