自然な出会いができるのも、Omiaiならではのシステムだと思います。

ページ
トップ

27歳男性から頂いた
Omiaiの体験談

2か月前に高校からの親友で同級生でもある友人の結婚式に出席して、なんだか急に結婚を身近に感じて焦ってしまいました。
というのも、彼の披露宴の二次会が同窓会のようになっていて、久しぶりに帰った故郷でなつかしい面々に会ったのですが、独身率が意外に高くてビックリだったんです。

学生時代にバスケのキャプテンをやっててモテモテだったAや、家がスーパーを経営している跡取りのBなどは、とっくに結婚していると思っていたのに彼女もいないという始末。

同級生も皆独身男性ばかり

一体世の中どうなっているんだと少し調べてみると、晩婚化の波は自分の育った田舎町にまで及んでいることが分かりました。
AもBも、見た目や学歴などに結婚に支障になるようなことがないのに彼女さえいないという事実は衝撃でした。

だったら見た目はがんばっても中の上、学歴は地方大学卒という自分はどうなってしまうんだ?と。
後日、そんな話を新婚ホヤホヤの親友に話したら、なんと彼は奥さんとネットで知り合ったと言うんです。

これにも驚きでしたよ。
ちょっと考え方が自分は古いのかもしれませんが、ネット上での出会いから結婚に結びつくとは到底考えられなかったのです。
するとヤツは、Omiaiというマッチングサイトを教えてくれて、疑心暗鬼な自分に変わって半ば強制的にその場で登録させられたという流れでした(笑)

しかし、結果は・・・

いや、これはすごいです!
最初は男性だけ有料というところに「なんだよ」と思いましたが、女性が無料ということもあってか登録数も多くて「LINEの交換くらいならすぐできる」と言っていたアイツの言葉通りでした。

婚活サイトでLINE交換して喜ぶ男性

Omiaiに登録して2か月目ですが、すでに3人と連絡を取り合っている自分の今の状況は、2か月前のあの結婚式の時には想像もしていませんからね。
世の中にはいろんな女性がいるように、Omiaiにもいろんなタイプの女性が登録しているのでまずはFacebook連動型のシステムを活用して、お互いの相性が良さそうな女性をチェック。

自分は趣味が合いそうな女性にどんどん「いいね」でアプローチすることから始めました。
もちろん、こちらも選ぶように相手からも選ばれるウィンウィンの出会いですが、最初の1か月で2人とコンタクトできて、先週は3人目です。

その内の1人とは、実はもうデートの約束までできているんですよね。
その彼女も「結婚はしたいけれど、ゆっくり段階を踏みたい」という感じで、まずは趣味友として一緒に遊びに行く計画を立てました。
こんな風に自然な出会いができるのもOmiaiならではのシステムかなというのが感想ですね。


▼メニューへ