女性9割の広報部隊など、女性主導で構築されたサービス

ページ
トップ

Omiai運営会社
㈱ネットマーケティング様へ訪問取材

Omiaiを運営する㈱ネットマーケティング

Facebook連動型サービスの草分け「Omiai」を運営する㈱ネットマーケティング(東京都渋谷区)へ訪問取材を行ってきました。

今回は、メディア事業本部 橘あゆみ様にご対応いただきました。

対談では、Omiai独自の運営方針安心・安全への強い拘りが印象的でした。
実は私がネットマーケティング社を訪問するのは2回目。今日は前回取材時よりもより詳しいコアな情報を伺うことができました!

取材は次の通り、一問一答形式で進めさせていただきました。

会員数や新規入会数について教えてください。

2017年5月度時点で、累計会員数219万人となっています。
これは弊社IR情報にて毎月更新・公開している実績となります。
また、公開資料からも明らかなように前期比+50%前後のペースで純増を続けています。

私もIR情報を確認したところ3月:+6.7万人/4月:+6.8万人/5月:7.9万人と毎月7万人ペースで純増していることがわかりました。

会員様の男女比・年齢層・年収分布を教えてください。

まず、男女比ですが男性6:女性4となります。
年齢分布では男女とも過半数が20代、ボリュームゾーンは20代半ば-30代半ばとなります。
カウントするタイミングにより多少変わりますが、平均年齢は男性31歳/女性28歳となっています。

年収に関しては、年齢が若いにも関わらず日本の平均年収を上回る年収を設定している男性ユーザーが多い傾向があります。

Omiaiでは、年収項目を「300万円-500万円」「500万円-800万円」のように幅を持たせた表記にしていますが”500万円以上”を選択しているユーザーが多いとのことでした。
職業別に見ると、医師・経営者も目立つようです。

Omiai会員には外国人の方も多いのでしょうか?

こちらも実数を開示はしておりませんが、外国人のユーザー様も頻繁にお見かけします。
理由としては、海外ではマッチングサービスが一般的であることが考えられるのではないでしょうか。

アメリカではカップルの1/3はオンラインデーティングがキッカケという程、ネット起因の出会いが一般化しています。
ネットマーケティングでは、2人が知り合ったキッカケとして堂々と「Omiai」と言えるようなサービスを目指しているとのことでした。

Omiaiは真面目で質の高いユーザーが多いと感じますが、会員集めで工夫していることはありますか?

安心安全のイメージを損なわないようにという点には力を入れています。
前提として「Omiai(お見合い)」というサービス名自体が一つのフィルターになっているのではないでしょうか。
また、集客HPに関しても”露出度の高い写真は使わない”など一定の基準を設けて取り組んでいます。

実は、Omiaiの運用部門は9割女性で構成されています。
女性ユーザーに安心してもらえるサービス仕様&ブランディングを第一に考えて展開しているため、結果として質の高い会員様が多いのかと推察します。

余談ですが、Omiaiではプロフィール写真審査でも極端に露出度の高い画像(露出の多い水着や部屋着等)にNGを出しています。
こうした厳格な対応の積み重ねが、結果として全体の品質維持に繋がっているのではないでしょうか。

業者・悪質会員対策について詳しく教えてください。

当然の対応ではありますが、24時間監視担当者が在籍し”マンパワー”によるパトロールをしています。
確認事項はプロフィール文章・写真(サブを含む)・メッセージ内容と多岐に渡り、年末年始を含め365日体制で臨んでいます。

効率化のため、システムによるパトロールも実施しており「NGキーワードによるアラート」「Facebookの交際ステータスとの整合性」などは自動的に判別されます。
ただし、キーワードに関しては通り一遍に弾いてしまうと自由度に支障をきたす恐れがあるので、アラートを上げて最終的な判断は”人の目”で行う等工夫をしています。

また、不正防止・抑止の意図もあり、Omiaiでは年齢認証を次のように厳格化しています。

クレカ決済だけでなく、運転免許証等の公的証明書が必須
公的証明書は”黒塗り”禁止
証明書とFacebookアカウントを突き合わせ、生年月日・氏名の整合性確認

Facebookアカウントとの個人情報整合性確認は、FB連携サイトならではのセキュリティ対策ですね。
ちなみに、Omiai上では本名が表示されることは無く(「鈴木太郎」なら「T.S」と表示)、あくまでバックグラウンドでの確認手段となっています。

料金設定の意図と戦略について教えてください。

Omiaiではメッセージ以上のステップに進むには男女ともに有料課金が必要です。
ただし、29歳以下の女性に関しては経済的背景を考慮して全機能を無料で開放しています。

サービス開始直後は年齢に関わらず女性無料としていましたが「安心・安全」の観点からセキュリティ対策に多くの予算を割くことを決断し、同時に料金プランを改定することとなりました。

Omiaiでは2018/2/14より、年齢を問わず女性完全無料化となりました。現在、女性の方ならだれでも無料で利用できます。

有料オプション「プレミアムパック」について詳しく教えてください。

プレミアムパックは男性限定のサービスで、主に6つの機能(検索条件の充実(ログイン順・いいね多い順)/つぶやきPhoto/お相手のリアルタイムログイン会員表示/追加Omiaiポイントの割増/メッセージ付みてねの割引)が利用できるようになります。

特に、ログイン順検索・リアルタイムログイン会員表示を駆使すると、その瞬間アプリを開いている異性にアタックできるのでマッチング率が上がります。
また、プレミアムパック加入者はいつでもOmiaiポイント増量とメッセージ付みてね割引が適応されるので短期間でガッツリ活動されるタイプの方にもお奨めできます。

ちなみに、女性オプションプランは無く、ログイン順・リアルタイム表示は全女性が利用可能となっています。

全ての把握は難しいと思いますが、成婚事例や件数についてわかる範囲で教えてください。

仰る通り全体像を把握するのは困難ですが、成婚やカップル成立をお手紙やメールでお知らせいただくことが多々あります。

データとしては”累計マッチング数”をカウントしており、5月時点で886万マッチングを達成しています。

参考までに…
1月/5月/8月はOmiaiに関わらず、婚活・恋活サイトが最も盛り上がるタイミングのようです。これらの月は特にチャンスがあると言えますね。

ライバルサイトとの差別化や今後の戦略について教えてください。

Omiaiの方針として第一に”安心・安全”を優先しており、監視・セキュリティ・治安維持には惜しみなくリソース・コストを掛けています。
その結果として、高いユーザー定着率やマッチング率に繋がっており、自信を持って業界トップクラスと宣言できます。

また、今後の目標は「国内においてもネット婚活・恋活が受け入れられる文化を作っていく」ことで、弊社がIPO(新規株式上場)した理由の一つでもあります。

昨今は雑誌取材も増えているとのこと、世間からの注目を肌で感じているとのことでした。

ユーザーへのアドバイスやプロフ・写真のコツはありますでしょうか?

やはり爽やかなプロフィールと共通話題が良いでしょう。
具体的には…

プロフィール写真

言うまでもなく、写真の重要度は非常に高く、如何に魅力を伝えてプロフィールを読んでもらえるかが鍵になります。
ここで言う”魅力的”とは単純にイケメン・美女というだけでなく全体の雰囲気を指します。
笑顔であること、撮影場所が明るいこと、服装の清潔感が評価されるポイントです。

男性でありがちな”薄暗い洗面所や部屋での自撮り”は印象が良くないので、友人に撮ってもらった写真が良いでしょう。

Omiaiではサブ写真として複数写真の掲載が可能ですので、2枚目・3枚目は趣味に関連するものをお奨めしています。例えば、山登りやサッカー、スノボーなどですね!

メッセージ内容

続いてマッチング後のメッセージですが、こちらも趣味に関する話題、最近ハマっていること等で相手と共通するものや興味を持ってもらえる話題がベストです。

一方、「どこに住んでいるか?」「職場、仕事は?」と個人情報に迫る内容は敬遠されがちなので最初のうちは避けておくのが無難でしょう。

あと新機能の紹介になりますが、SNSのハッシュタグのようにキーワードを登録できる仕組みをリリースしました。同じ趣味や共通項目を持つ異性を探しやすくなり、マッチング率UPに繋がると考えています。

検索露出

最後に検索結果の表示についてワンポイントアドバイスです。
Omiaiでは様々なアルゴリズムにより、検索順位を決定していますが「ログイン頻度が高い方」「積極的に活動されている方」は異性からの検索で露出され易い傾向があります。
Omiaiは努力して活動した方が報われる仕組みになっているのです。

これまでユーザー同士で成婚に至ったケースで、印象に残っているストーリーを聞かせてください。

いくつかあるのですが、お手紙でいただく成婚報告は特に印象的ですね。
先日もOmiaiで出会い結婚された女性からお手紙をいただき、同僚・上司と一緒に盛り上がりました。(上司は手紙を読んで、涙を浮かべていました。)

他にも、60代同士のカップルなど50-60代の方からご報告をいただくこともあります。
私個人の出来事でも、友人がOmiaiで知り合い結婚したという話を聞き、驚いたこともあります。

橘様、ありがとうございました!

本日はご多忙の中ご都合を合わせていただき、ありがとうございます。
徹底したパトロール体制や女性9割で構成された広告部門など、無闇矢鱈に会員を増やすのではなく”高いサービス品質を維持する”ことを最優先に考えた運営方針であることが理解できました。

一般的な婚活サイトに対し、20代-30代前半が中心になるOmiaiは若い世代の方にも是非活用していただきたいサービスです。


▼メニューへ