同じ30代でも前半と後半では戦略が大きく異なってきます。

ページ
トップ

前半・後半で異なる30代女性の戦略

仕事に一生懸命な30代女性

女性は30代にもなると一気に結婚へのプレッシャーが増します。

・結婚していく友人達に対する劣等感。
・鏡に映る自分の劣化具合に焦りを感じる。
・実家に帰れば結婚はまだかと煽られる。

つい最近までは、まだ若いんだし気長に考えれば、なんて言われていたのに29歳と30歳では周囲の扱いも露骨に変わってきます。
そんな最も辛い環境に置かれて言っても過言ではない30代女性に実践してもらいたいネット婚活戦略をご紹介します。

また、30代でも前半と後半では戦い方も異なってきます、このページでは30代前半女性・30代後半女性の2パートに分けて話していきます。

素早い決断が功を奏する30代前半

"恋愛市場において女性は常に選ぶ側の立場にある"

もしも、心のどこかにこんなモラトリアムを潜めているなら、それは20代までの幻想です。

同じ30代女性でも30-34歳と35歳以上では圧倒的に需要が変わってきます。
これは20代の前半後半で感じたものとはレベルが違います。

改めて言うまでもありませんが、1年・1ヶ月も早く結婚候補相手を見つけることが重要視され、戦略もそこに焦点を当てることになります。

婚活最優先に

30歳を過ぎて未婚ということは、結婚を予定していた相手と電撃破局したなどでなければ、恋愛よりも仕事や友人・趣味を優先していた方が多いのではないでしょうか?
学生時代を最後に彼氏がいない、なんていう人も少なくないはずです。

30代前半なら相手を選べる、ある程度選択肢が残された婚活ができます。
もしも、仕事が…、付き合いが…、趣味が…を理由にしているようなら、これらをバサッと切り捨てて婚活に集中してください。

三菱系列の調査会社によれば、30歳で60%近かった婚活成功率は35歳では40%台に、40代に入ると30%台に突入するといいます。

・SNSするなら婚活サイトを。
・女子会ではなく婚活パーティーに。
・ブランドバックを買うなら自分磨きに。

といった具合に、生活を婚活モードに切り替えるところから始まります。
仕事や付き合いが大切なのは理解していますが、時間には限りがあります。
これまでないがしろにしてきた分だと思って、ここは決意を固めましょう。

母数を稼ぐ

頭脳と生活を婚活モードに切り替えたら後は行動に移すのみです。
では何をするか?

「まずは良質な男性が通いそうなゴルフ教室かテニスを…」

なんてヌルいことを言わないでくださいね。
もちろん、これらも自然な出会いとしてチャレンジするのはアリですが、目的を結婚とした場合の成功率は決して高くありません。

何故ならこれらリアルコミュニティでは出会える母数に限界があるからです。
10-20人程度の中で相手を探すことになりますし、男性側の目的が恋愛で無いのでお付き合いに発展するのが難しいことは一目瞭然です。

ここはやはり婚活サイトを中心としたネット婚活を活用するのがベター でしょう。
大型サイトになれば、会員数は100万人を超えアクティブに活動している同世代男性に絞っても数万人規模の母数があります。

しかも、写真・年収などのスペックがある程度わかった状態で、相手も結婚を意識している。
という点では婚活サイトを差し置いて右に出るツールは無いでしょう。

さらにここでは2倍・3倍と上手に母数を稼ぐために賢く複数の婚活サイトを駆使する方法を紹介しましょう。

婚活サイトの複数利用

30代女性にとって差し迫ったタイムリミットがあり、1日でも若いうちに一人でも多くの候補男性と知り合うことに重点が置かれます。
具体的なサイト名を出しながら説明します。

メインで活動するサイト

婚活の主軸となるサービスは、十分な会員数がおり、運営側のサポートも良く、同世代の30代前半女性が主な層であることが望まれます。
お奨めは、リクルート社が運営する「ゼクシィ縁結び」でネームバリューから想像する通り男性側も結婚意識の高い会員が多いのが特徴です。

また、同社は「ゼクシィ"恋"結び」という10代-20代向けの恋活サービスも同時に展開しており、縁結びは平均年齢が30歳前後に調整されているのも推奨理由の一つです。

セカンドサイト

可能性を最大限に引き出すため、メインだけでなくセカンドサイトも積極的に活用します。
いくつも登録するのなんて面倒だ… と思うかもしれませんが、基本的な項目はどのサイトも同じですのでメインサイトのプロフィール・写真をほぼそのまま流用できます。

セカンドサイトにお奨めなのはペアーズです。
上で紹介したゼクシィ縁結びに比べると平均年齢は下がりますが、会員母数が多いためチャンスを広げる意味でも登録をお奨めします。
何と言ってもこのペアーズ"女性は年齢によらず完全無料"なのです。
タダで使えてチャンスが広がるなら採用しない手はないですよね?
本気で活動すると決めたならセカンドサイトくらいまでは必須で用意しておきましょう。

3rdオピニオン

できればもう一サイト追加して、3本柱で考えたいですね。
3サイト目に是非ともお奨めしたいのは「マリッシュ」です。
比較的新しい部類の婚活サイトですが、順調に会員数を伸ばしています。
マリッシュも女性完全無料のシステムを採用しており、コスト的な負担は一切ありません。
走り出しということもあり、サイト品質を上げるためキャンペーン的に女性無料を行っているとも考えられるため、タダで利用できるうちに使わない手はないでしょう。

この3サイトに登録したら、必ず毎日ログインして男性からのアプローチをチェックすると伴に、月のいいね数は使い切るつもりで積極的にアプローチを掛けます。
この3つをフルに活用すれば週に1人ペースで会うことも難しくありません。運や運命に頼らず、兎に角数をこなして球切れになるまで撃ち続ける地道な努力ができるか否かが勝敗の分かれ目になるでしょう。

戦略が変わってくる30代後半

続いて30代後半女性の戦略です。
ただ母数を増やしていけばなんとかなる30代前半に対して、一打一打の可能性を高めていく必要があります。

サイトの選び方

まずはサイト選びからです。
30代前半が母数重視で選択したのに対して、30代後半ではより結婚目的色が強く成婚率を重視したサービスを選択します。
具体的に推奨するのはIBJが運営する「ブライダルネット」です。

公開されている会員データによれば、36歳以上の女性は全体の25.3%で4人に1人となり、ネット婚活の中では非常に多い割合です。
20代メインのサイトで活動するのは自身の気持ち的にも抵抗がありますが、30-40代が一定数存在するサービスなら積極的に動けるのではないでしょうか。

プッシュ型婚活へ

婚活サイトでは男女どちらかが"いいね"を送信して、受信した側が承認をするとマッチングし、メッセージやり取りが始まります。
実は、男性会員の多くが検索条件で「34歳未満」を設定しているためプロフィールを見てもらえないという問題があります。

そのため30代後半になった途端にいいねが全く来なくなった…
という声をよく聞きます。

いいねが来なければどうするか?
自分から攻めるしかありませんよね。

受け身(プル型)の婚活をイメージしている方がいれば、今すぐ積極的に攻める「プッシュ型婚活」にスタイルを切り替えてください。

仮に34歳未満で条件設定をしている男性だったとしても、あなたが35歳以上だからお付き合いする気が無いということにはなりません。
あなたからのアプローチを見て「この人なら会ってみたい!」と思うこともあるのです。

また、単純にいいねを送信するだけでなく、メッセージを添えて送ることでマッチングの確立が2-3倍に上昇します。
メッセージ内容はかしこまりすぎず「趣味や考え方に共感したから」「写真の笑顔が素敵だった」「素直にお会いしてみたいと思ったから」とフランクにアプローチしてみましょう。

第三者を活用

婚活サイトの中には会員同士を仲介し、デートの日程などを調整してくれるシステムがあります。
先ほど紹介したブライダルネットもコンシェルジュによる仲介サービスがあるので、特に気に入ったお相手がいれば担当者を通じてあなたのことを紹介してくれます。

第三者が介入することで"一度くらい会ってみてもいいかな"と前向きな返事を貰えることも多く、非常にお奨めできる進め方と言えます。

紹介された人の中から選ぶ結婚相談所と違い、あくまで自身の好みの男性を見つけてアプローチの段階で運営サイドに協力してもらうので、条件やタイプに合った相手と繋がる可能性が高いのも特徴です。


いかがでしょうか?
30代前半・後半の女性がネット婚活を進めるうえでの基本戦略です。
30代なりたての方なら母数を最大化し生活の軸を婚活にするくらいの勢いで望むこと。
30代後半-40代前の方なら1件1件を大切にし、積極的なアプローチとコンシェルジュなど第三者を上手く使い可能性を引き上げていく流れになります。


▼メニューへ