「清楚感」を全面に押し出したアピールが有効的ですね。

ページ
トップ

プロフィールの書き方♀女性編

女性向けのプロフィールポイントは「婚活 プロフィール」などで検索すると無数にHITしますし、書かれていることもまちまちです。
ですので、代表的な項目をピックアップして要点をまとめてみましたので参考にしていただけたらと思います。
男性の方も女子がどういった点に注意しているのかを知っていると一枚上手なコミュニケーションができるかもしれませんね。

1氏名・ニックネーム

無難+ちょい可愛いくらいがベストでしょう。

詩織さんであれば「しおり」or「シオリ」などは無難ですが「しおりん」「しーちゃん」くらいなら可愛らしい!と思われ、好感度も高いでしょう。

それ以上にオリジナル感のあるニックネームや狙いすぎなのは引いてしまう男性もいるようです。

素敵な男性に巡り合えば最終的に本名を教えることになりますが、初めはお互いニックネームで呼び合います。

途中から呼び方を変えるのが不自然と思いためらう男性もいるので、カップルになってからもこんな名前で呼ばれたい!というニックネームを付けておくと良いですよ。

カップル

2顔写真

正直に言いますと、女性のプロフィールのうち「9割は顔写真」と言っても過言ではありません。

ネット婚活においてはその人の内面を知っているわけではないので、どうしても見た目から入ってしまうのでしょう。
まず写真を見て好みに合わないとプロフィールすら見ないというのが実情です。

まさか顔を変えることはできませんので、ここでは好感度の高い写真の撮り方をご紹介したいと思います。

下手にぼかしたり顔のわかりにくい写真は逆効果です。

容姿に自信がないからわざとわかりにくい写真を載せている。と誤解されてしまうからです。

髪型や服装に気合を入れる。

髪は黒か程よい茶色が男性ウケがよく、服装も白や薄いピンクなど清楚なイメージを与えるワンピースなどが効果的でしょう。

顔に自信がなければ少し引いた写真で上半身もしくは全身が入るような写真にします。

プロの手を借りる。

最近は10,000円-20,000円程度でプロフィール用写真を撮影してくれるサービスもあり、これは見違える効果があります。

費用が・・と思う方もいますが、人生のパートナーを探すのですからこの投資は決して無駄にはなりませんよ!

撮影スタジオ

3学歴・職業・年収

男性であれば非常に気にするポイントですし、女性も男性プロフィールを見るときに真っ先に目が行ってしまうポイントではないでしょうか?

しかし女性に関してはそこまで重要視されるポイントではありませんので、現状を赤裸々に記載して問題ありません。

学歴

女性側も具体的な学校名などは書かず「高校卒」「短大卒」などが無難です。
「女子高・女子大でした」などは非常に好感度の高いポイントですのでさりげなくアピールしましょう!

職業

OLの方であれば「事務職」「商社勤務」などでOKですし、ショップ店員や飲食店であれば「販売職」「レストラン勤務」が無難です。

無職であっても「家事手伝い」や「フリーランス」のような書き方をオススメします。

働く女性

参考までに・・

男性ウケの良い職業としては「看護師」「保育士」「教師」などが上位に来ています。

看護師・教師
年収

女性は記載欄がないことが多いですが、もし記載する場合は正直に書くか少し低めでもいいでしょう。
あまりにも高年収な女性は男性側も遠慮してしまうこともありますので・・

4趣味・特技

男性ウケのよい趣味は「料理」や「楽器」などが定番ですね!

ただし、あまり無理して作ってもしかたがないので本当に好きなことを書きましょう。
大切なのは趣味の種類よりも具体的に書くことで「読書」「漫画」などでも

  • 「●●系の本が好きで、月に3冊は読んでます!」
  • 「漫画●●が好きで全巻集めてます!」

など、ちょっとしたプラス表現があると「オレもその漫画すき!」「その本で感動した」と共感を呼びやすいですし、メッセージをもらう際も「僕も●●好きです。特に××のシーンは・・」など話題の広がりにも繋がります!

料理・読書

5自身の性格

男性編でも書きましたが、ここは無難が一番です。

「明るく穏やか」「おっとりだけれど、意外としっかりもの」「ON/OFFの切り替えがハッキリしている」などあたりさわりのない内容でOKです。

自身の語る性格ですのであまり凝ったことを書いてもあまり信憑性がないようです。

また「話好き」「テンションが高い」などは一緒にいて疲れそう・・と感じてしまう男性も多いので「明るい、人見知りしない」程度にしておきましょう。

6好みの男性・条件

あまり厳しい条件を書いてしまうと敬遠されてしまいますので、3人に1人くらいは当てはまる内容にしておきましょう。

とりわけシビアな条件が「年収」になりますが、最後に世の中の年収相場について触れておきたいと思います。

2012年度のデータですが、サラリーマン男性(30〜34歳)の平均年収は431万円。25〜29歳では367万円というデータがあります。

2012年度サラリーマンの平均年収

ちなみに一般的に高年収といわれる「800万円以上」は30代男性で0.6%・・・

167人に1人という奇跡の数字です。

ボリュームゾーンは200万円台で33%、次いで300万円代が28.9%です。

かなり現実的な話をしましたが「希望年収400万円!」と書いたとしてもその基準を満たせる男性は2人に1人もいないのです。
長くなりましたが、婚活サイトではあまり条件を絞り過ぎず「間口は大きく」というスタンスで活動したほうがチャンスが広がるでしょう。

また、ネット婚活においての男性年収は"自己申告"である場合が多いです。
実は全ての人が正直に掲載しているとは限らないのです…
こちらのページでは世間平均と婚活サイトの会員情報の両者を比較・検証しているのでプロフィール年収の信憑性が気になる、という方は参考にしてください。

プロフィール作成がどうしても苦手…という方は婚活サイト側で質問形式でプロフィールが作れるサービスもあります。
例えば、ゼクシィ縁結びでは18個の質問に答えることでプロフ充実と価値観や相手との相性を導く仕組みが採用されています!

                                

▼メニューへ