自粛により「スペック重視→内面重視」の動きも

ページ
トップ

婚活市場への影響

コロナウィルスによる商業への影響は日を追うごとに深刻化していますが、婚活市場もその例外ではありません。
特に打撃を受けているのは、結婚相談所・婚活パーティーなどの対面式婚活サービスで、軒並み休業や提供サービスの制限を行っています。

緊急事態宣言まで発令される事態であり、お見合いやデートが“不要不急”と見なされるのは仕方がありません。
ネット・リアルに関わらず平時の婚活は“会う”ことに重きを置き活動するというのが定石でしたが、昨今の特殊な環境下ではオンラインを主軸にした戦略が必要となります。
当ページではネット婚活ならではの「今できる婚活」を提案させていただきます。

準備期間と捉えて種を蒔く

自宅にいながら婚活をする女性

まず大前提として、コロナウィルス問題が収束するまでは対面することは控えるべきです。
政府の自粛要請に従うというのはもちろんですが、この状況でお相手に“会う”ことを提案しても期待する返事を得られないばかりか

「相手を感染リスクに晒してまで自分の都合を押し付けるのか!」
「これだけの社会問題になっているのに、人間性を疑うわ…」

と全否定されてしまいます。

ではどうすればよいのか? “会う”という選択が制限された状況では、収束後に備えて“種を蒔く”ことに徹するのです。

婚活には不利と思われるコロナ禍ですが、一つだけ利点があります。
それは多くの人が「時間に余裕を持っている」ことです。少し雑な表現をすれば「暇を持て余している」人が少なくないのです。

普段は仕事や友人付き合いに時間を割かれ、婚活サイトにログインできるのは通勤電車と寝る前の数分… という人が、
休日を家で過ごすようになり、テレワーク等で自由な時間が増えたことで平時よりもアクティブに活動している例もあります。

内面重視の婚活ができる

婚活サイトを利用する多くの方が“早く恋人が欲しい”“いつまでに結婚したい”という願望や目標を持っています。
故に、なるべく効率的により理想に近い相手を探そうと行動します。

効率(=スピード)を求めるがあまりに自然と、

顔写真が好みでなければスルー
年齢・身長・年収・職業などわかりやすい条件に拘る

というスペック至上主義なユーザーが多くなるのです。
特に人気が集中するユーザーは何百通というオファーが届くため、いちいち全ての内容まで確認する余裕はありません。
「顔が好み」「年収が◯◯◯万円」など何か目を引くポイントがなければ、メッセージすら読んでもらえないというのが実情なのです。

内面も外見も美しい女性

では、普段に比べて大きく時間の余裕ができたらどうでしょうか?
本来は彼女(彼)らもできることなら全てのメッセージを読み、その方達のプロフィールも見た上でマッチングするのか否かを決めたいはずです。
休日、一日家にいることになればあなたのメッセージに目を通すことだってできるでしょう。

コロナ禍の今、相対的に「スペック重視→内面重視」な婚活にシフトしていると言って間違いありません。
言い換えれば、容姿や年収に抜き出たセールスポイントがない人には千載一遇のチャンスです!

しっかりとお相手のプロフィールを読み込み、興味を引くメッセージを添えてオファーを送ることでマッチングの確率は大幅にあがるでしょう。
最初は都合の良い“お話相手”になってしまうかもしれませんが、それでもいいじゃありませんか。そうやって徐々に信頼を得ていく方法だってあるのです

恋人に優しい男性のイメージ

また、男性陣に向けて付け足すのであれば、イケメン・高収入なスペック高めライバルは影を潜めます。
婚活サイトと言えども、遊び感覚が抜けずに取っ替え引っ替え食い荒らす輩がいるのは否定できません。
“ヤリモク”と断定できるほど露骨ではないものの、そのスペックにモノを言わせ数週間〜1.2ヶ月交際しては別れ…を繰り返すユーザーも一定数混じっています。
彼らにとってみれば、会うまでのスピード・付き合うまでのスピードが重要なため、いくら頑張ってもオンライン止まりの現状では一時休戦というところでしょう。

もう少し内面を見てもらえたら…」「優しさには自信があるぜ!」という方はこの機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

お相手との距離を近づける「電話」

メッセージやLINEのやり取りで仲を深めて行ったとしても、やはりそこに“文字の壁”があることは否めません。
マメなやり取りで会話が盛り上がっていたとしても、どこかバーチャルな存在になってしまうのです。

そこで推奨したい手段が「電話」です。
電話なんて古臭い、昭和か!と言われそうですが、恋愛においてはこのクラシカルなツールが効果を発揮するのです!

電話でふたりの距離を縮める

「人は五感で恋をする」なんて名言があるようにコミュニケーションに聴覚、すなわち“声”が加わるだけで、二人の距離は驚くほど近づくものです。
メッセージツールでは、相手の文章に対して十分に考えてから返信できるのに対し、電話はリアルタイムに会話を成立させなければなりません。

しかも、TVを見ながら… 掃除をしながら… 考え事をしながら… とあくまで何かのついでに過ぎなかったのに対し、通話中は100%あなたとの会話に集中しているのです。
この差は歴然です、仮に15分程度の通話だったとしてもあなたの存在はお相手の脳裏に深く刻まれることになります。

仕事に置き換えてみてください。
メールだけでやり取りしている取引先はどこか機械的に考えてしまうのに対し、電話だけでも会話がある相手には人間味を感じていませんか?

100通のメッセージよりも、1本の電話
私が勝手に作った法則ですが、電話は人間関係、こと恋愛に関しては二人の距離を近づける有効な手段だと断言します。

電話は“ネットの人”からリアルな知人へと格上げしてくれるだけでなく、疑似対面の役割を果たします。
その後、対面した際に「初めて会った気がしない」と言わせたら勝ちです!

初対面から意気投合するカップル

ただし…
突然の電話はNGです。
相手に都合がありますし、心の準備も必要です。
また、メッセージの段階である程度の信頼関係を築けていることが前提にはなりますが、

「今日は自宅でゆっくり読書している」
「この状況下で予定もキャンセルになってしまった」

という話題があれば「迷惑でなければ電話しませんか?お話し相手になりますよ。」と提案してみてはいかがでしょうか?
LINEに代表されるコミュニケーションアプリを使えば通話コストもかからないですし、今後の初対面をよりスムーズにするための布石として考えてみてはいかがでしょうか。

収束後は婚活市場が加熱?

コロナ問題が収束した暁には、婚活市場は再び盛り上がりを見せるのでしょうか?
過去の経験から言えば、以前に増して需要が加速すると考えられます。
リーマンショック・東日本大震災と情勢や経済が不安定な時期に結婚需要が高まった経緯があるからです。

もっとも人は精神的、経済的に不安が高まると安定を求める傾向があります。

外食が減り、家で一人ご飯が増え孤独を感じる
収入が減ってしまい、今後の生活が心配になった
万が一、体調不良で倒れても頼れる人がいない

今回の騒動ではこのように不安を覚えた方も少なくないのではないでしょうか?
このような危機感が結婚願望へと繋がり、需要が高まるという構図です。
「一人が気楽だし、家庭とか面倒くさい」とたかをくくっていた人も結婚の真価を理解するきっかけとなったのでしょう。

収束後のスタートダッシュに乗り遅れるな!

急いで駆け出す男性

では、いつ頃が盛り上がりのピークになるのか?
過去の経験からも、収束直後を頂点に徐々に通常のペースに戻っていくのではないかと予測しています。

この波に乗り遅れず、最も多い選択肢から理想のお相手を射止めるために今は“準備”をするのです。
ネット婚活と言えど、お相手とのやり取りには多少の経験と慣れが必要です。
収束後、最善のスタートダッシュを切れるよう今から準備をしておいても損はありませんね。

また当たり前ですが、婚活は少しでも若いほうが有利。
このような状況下でも時間は止まってくれません。1日も無駄にできない!ということには何ら変わりはないのです。
少し時間に余裕ができたなと感じているなら、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍におけるお奨め婚活サイト

最後にコロナ禍でもお奨めしたい、ネット婚活サイトを紹介します。
前述したように、今は対面することなく信頼関係を築けるかが重要なポイントになります。
そのため、スピードや手軽さをウリにしたモノではなく、「サイト内のコミュニケーション」「サポート」を重視したサービスを選ぶと良いでしょう。

ユーブライド

ユーブライド

まずは、不動の定番ユーブライド。
運営歴20年・会員数190万人・成婚者数10,708名(過去5年)と圧倒的な実績を誇る、老舗婚活サイトです。
ユーブライドは成婚者の約6割は3ヶ月以内と結婚に意欲的な会員が多いのも特徴で、会員規模と真剣度のバランスが取れている点はとても評価できます。
初めてのネット婚活で右も左もわからないという方にも自信を持って推奨できるサービスです。

ブライダルネット

ブライダルネット

結婚相談所大手のIBJが運営するブライダルネットは、数ある婚活サイトの中でも“真剣婚活寄り”と言えます。
男女共に有料課金が必要であり、比較的入会のハードルが高いもののアクティブな会員が多く、明確に「結婚」を意識した活動には最適です。

ブライダルネット最大の強みと言えるのが「婚シェルサービス」で、
現役の結婚相談所カウンセラーも在籍しており、チャットによる相談が追加料金なしで可能という代物です。

マリッシュ

マリッシュ

直近、1-2年で急成長を遂げたマリッシュ。
今ではマッチング数200万件を突破するなど、大手婚活サイトに迫る勢いです。

「バツイチ・シンママ・シンパパ優遇特典」や「声プロフィール」など独自路線を切り開いているマリッシュですが、サイト内で「音声通話」ができる機能を備えています。
メッセージだけでなく、電話が効果的だと解説しましたが、マリッシュならサイト内でのやり取りの延長線上で通話ができるのです。
対面が困難な状況下では非常に重宝される仕組みではないでしょうか。


▼メニューへ