既存ユーザーによる「入会審査」が会員レベル維持に繋がっている

ページ
トップ

ハイエンド人種に特化した東カレ

東カレデート

東カレデート
東カレデートの特徴

2001年から刊行される「東京カレンダー」は、首都圏エリアのハイエンドグルメに特化した月刊情報誌・WEBサイトですが、ここへ来て婚活市場に参入を果たしました。
2017年6月にスタートした「東カレデート」は元々マッチラウンジとして運営されていたアッパー層向け婚活サイトをリテイクしたもので、東京カレンダー株式会社の親会社フューチャーインベストメント㈱が、マッチラウンジ運営元のマッチアラーム㈱を買収することで実現しました。

婚活サイト市場に参入した東京カレンダー

サービスの生い立ちや"大人の事情"についてはこのくらいにして「東カレデート」のレビューに進みます。
東カレデートがハイエンドユーザーにより構成されていることは周知の事実かと思いますが、当サイトとしては同サービスが"婚活"に適しているか?という部分に重点を置いて解説したいと思います。

対象ユーザー

"アッパー層のための審査制デーティングアプリ"
とハッキリ打ち出している通り、運営側は明確にユーザー層を指定しています。

ですが…
東カレデート公式サイトでは、年齢別男女比(男49:女51)と理想配分であること、男性会員の学歴・年収が優れていることがグラフと数字で表されている程度。
「アッパー層専門」「ワンランク上の会員」と豪語する割にはなんとも雑な印象を受けます。

しかし、実際に登録を進めると東カレが求めているユーザー層と同サイトの真価を理解することができます。
端的に言えば、何かにつけて"炎上"する昨今の風潮に配慮し、職業や年収・容姿への言及を避けたものと考えられます。
ここでは登録時の入力項目から推察するユーザー層を具体的にご紹介します。

男性ユーザー

まず、職業ですが他婚活サイトに比べて非常に細分化された選択式を採用しています。

経営者 経営者・役員(上場企業)/経営者・役員(社員100人以上)/経営者・役員
医療系 医師(開業医)/医師/歯科医師
公務員 国家公務員(1種)/国家公務員/地方公務員
会社員 上場企業(東証一部)/上場企業/会社員
資格業 弁護士/司法書士/行政書士/公認会計士/パイロット

主な職業項目を上げてみました。
多くの婚活サイトが「経営者・役員」と一括りなのに対し、東カレでは「上場企業」「社員100人以上」「その他」の3レベルにわけています。
会社経営者と聞けば響きは良いものの、皆さんが想像する社長像に合致する人物はほんの一握り。多くが、社員数人や代表一人だけの極小法人です。

国税庁の平成27年度統計によれば、資本金10億円以上の企業は約5,000社(全法人数の0.19%)、1億円以上で約15,000社(全法人数の0.57%)に過ぎません。
資本金額と上場有無・従業員数は必ずしもイコールではないものの「経営者・役員(上場企業)」は全経営者の中でも500人に1人、「経営者・役員(社員100人以上)」でも175人に1人程度と考えることができます。
東カレデートの集客力を持ってしても"上流の経営者"は数人レベルなのではないでしょうか。

一方、ただの「経営者・役員」を選択するユーザーはピンキリです。
中小ながらも若くしてビジネスリーダーに成り上がった者や親から経営権を譲渡されるなど、それなりの規模で会社経営を行っている人がいるものの過半数は資本金1,000万円以下の弱小法人です。(前述した国税庁統計でも92%がここに該当)

同じく、医師も「開業医⇔雇われ」、公務員は「1種⇔2種」、サラリーマンなら「東証一部上場>上場企業>その他(中小)」とわかれます。
このように東カレデートではハッタリは効かず、他サイトでは「経営者」「国家公務員」とドヤ顔できた"なんちゃってハイスペ男子"を選別できてしまうのです。

その他、大手企業・大手商社・会社員・外資金融・外資コンサル・外資メーカー・投資家・マスコミ・広告・IT関連などざっくりした選択肢もありますが、東カレの思惑としては「肩書だけでなく、所属組織の規模やレベルで線引したい」というところでしょう。
「東証一部上場企業」勤めの人が、わざわざ「大手企業」や「会社員」を選択するはずはなく、真にハイスペックな男性だけが自然淘汰されるよう意図した作りなのです。

さらに、年収項目は最低レンジが「750万-1000万円」で年収証明提出にも対応
750万円以下の選択肢はなく、年収欄は"空白(未選択)"となります。
これも会員に求める最低年収は750万円でありそれ以下の男性は想定範囲外、暗に"うちの会員基準は年収750万円以上です"と言っているのです。
年収表記のウソ・ホントで解説したように、年収750万円以上の30代は10%程度であり、東カレは妥協なく極一部のアッパー層を狙いに行っていることが伺えます。

女性ユーザー
東カレデートの女性会員イメージ

東カレデートにおいて女性ユーザーに求められるのは「容姿」「若さ」「品格」です。
職業でいえば、客室乗務員/芸能・モデル/アナウンサー/秘書・受付あたりを欲しているように取れますが、事務職や学生でも"可愛ければ良し!"が本音でしょう。

同サイトは女性会員の容姿レベルには非常にシビアです。
と言うのも、他サイトと同等やちょっと可愛い程度では先に紹介したハイステータス男子は満足しません。
安くない会費を考えても圧倒的かつ総合的に高い容姿レベルを維持しなければ、システムが崩壊してしまいます。

文字での説明は難しいですが、男性アカウントでログインし、女性検索結果を見れば"納得"の一言。
女性の私が見ても明らかにレベルが高いと認めざるを得ませんでした

ちなみに"東カレ"と言いながら東京居住以外でもOK!
ただし、会員の過半数が東京在住となり、1都3県がメインステージであることには変わりありませんので地方在住の方はある程度覚悟が必要です。

入会審査制度

会員ステータスをウリにした婚活サイトは多く存在しますが、男女共に審査制度を導入し公平に選別している点は高く評価できます。
同じような謳い文句でサービスする多くのサイトが「高年収男性・医者/弁護士」や「美人・20代限定」など男女どちらかの需要に偏っており、結果としてバランスが保てなくなり崩壊してしまうという中でよく出来たシステムだと言えます。

入会審査の仕組みは次の通りです。

<①プロフィール登録>

登録方法は他婚活アプリと同様で、フェイスブックアカウントと連動した認証を行い10項目程を埋めます。
居住地、身長、体型…と続き職業・年収を入力します。最後に自己紹介欄にPR文を書いて完了です。

<②既存会員による審査(24時間)>

プロフィール登録が完了すると"審査"に移ります。
審査では、複数の既存異性会員にあなたのプロフィールが提示され「賛成」「反対」の二択で選ばれます。
「賛成」が50%を超えれば入会、下回ればNGという単純明快な仕様です。

<③審査結果の判明(24時間後)>

登録したプロフは24時間掛けて様々な層の異性会員にジャジされます。
24時間後に入会可否の通知がきます。公表値での審査通過率は約3割、ドキドキの瞬間ですね…
万が一、審査NGとなった場合もリトライが可能で、その際は運営側からアドバイスをもらうことも出来るよう工夫されています。

<④活動開始>

審査で合格すればいよいよ活動開始です。
気になる異性には"バラ"と名付けられたポイントを送ることができるなど、独自の仕組みもありますが、基本的には他婚活サイトと同様にマッチング→メッセージの流れとなります。
異性会員は過半数の同性が審査OKを出した人で、相応の魅力がある方が揃っていると言えるでしょう。

入会審査をパスするために

東カレデートにおける最も高いハードルは最初に訪れる審査です。
この審査に合格しなければ登録すらできないのですが、審査通過のポイントを紹介します。

項目を埋める

必須事項として、選択項目は全て埋めます。
サービスの特性上、男性は身長・職種・年収、女性なら体型が重要項目になります。

写真は3枚以上

プロフィール写真はメインの他に複数のサブ画像をUPすることができます。
メイン写真の他に3枚以上のサブ写真UPをお奨めします。
顔がハッキリ映る、笑顔など基本的なテクニックは「婚活サイトにおける写真のコツ」でも詳しく解説しています。

自己PRの充実

意外に重要なのが自己PR文の有無、充実度です。
とりあえず「宜しく願いします。」の一文で登録してしまう方も少なくありませんが、これは絶対にNG
こちらが想像する以上に審査では"人となり"が重視されています。自分の評価が対象者の入会可否を左右するため、審査する側の会員も「怪しい人を入れてはいけない」「性格や経歴に問題はないか」という部分までチェックしているのです。
具体的には最低300文字、できれば500文字程度のボリュームがあると誠実性・信頼性のアピールに繋がります。
誰がどう見ても美人!というような例を覗いては多少手間をかけても実践して損はないでしょう。

会員数・料金プラン

会員数と分布

東カレデートの会員数は約3万人と所謂大手婚活サイトと比べると小規模であることがわかります。
ただ、アッパー層専門、審査制度や首都圏特化とユーザーを厳選しているあたりを考慮すれば充分な人数と言えます。

細かい数字は公式サイトでも公開されており、次の通りです。

男女比

男性49%、女性51%とほぼ同数で、男女共にメインボリュームは25-29歳(男34%、女39%)、次いで30-34歳が3割程度となります。

東カレデートのユーザー年齢
男性年収・学歴

男性に至っては学歴・年収のデータが開示されています。
ただし、年収に関しては「30歳以上で集計」の注書きが入り、メインボリュームの29歳以下を除外しています。

パッと見だと「年収1,000万円以上=40%」が際立って見えますが、よくよく考えると、30歳以上は男性全体の62%でそのうちの40%なので、全体からしたら約24%です。
全国的に見て年収1,000万円以上は6%程度と言われていますので、単純に4倍。婚活サイトの類ではかなりの精度で高年収男性を集めているのではないでしょうか。

東カレデートの学歴・年収分布
料金プランと機能

東カレデートでは、有料会員を「ゴールドメンバー」と呼び、メンバーにならなければメッセージやり取りを行うことはできません。
基本的には有料会員にならなければ活動できないと言えますが「男女どちらかがゴールドメンバーであれば、片方は無料会員でもメッセージ可能」という仕組みを採用しています。

ただ、自然淘汰的に"男性有料・女性無料"の環境が成り立ちます。
若くて美人な女子は自らアクションを起こさずとも有料会員男性から無数のアタックがあるので、無料会員でもなんら問題はありませんし、男性は自分からアクションして行かなければ誰も相手にしてくれません

若くてイケメン・高収入とズバ抜けた魅力を持っている男性なら、課金せずとも引く手あまたなのかもしれませんが、それはほんの僅か、限られた人間だけに許される特権と考えましょう。
一方で、積極的によりハイレベルな男性を狙いに行くため、アクティブに活動する女性有料会員も一定数います。

有料会員料金は次の通りです。

ゴールドメンバー
1ヶ月プラン 6,500円/月
3ヶ月プラン 4,933円/月
6ヶ月プラン 4,133円/月

"ハイエンドな出会い"を謳っているだけあり、料金も強気な設定です。ターゲット層の年収を加味すればそれでも安いと言えるのかもしれませんが…
また、東カレデートの料金プランにはこの他「プレミアムオプション」「ポイント購入」の2つが存在します。

プレミアムオプション

6,500円/月

オプションプランはこの1択で、長期プランによる割引もありません。
プレミアムオプションで利用可能になる機能は主に以下3つで勢力的に活動する方なら効果を体感できそうです。

<ダイレクトメッセージ>

まず、マッチング補助機能としてDMが利用できるようになります。
マッチング前にメッセージを添えてアプローチでき、ライバルとの差別化やお相手への本気度アピールに有効です。

<検索機能充実>

新着メンバー順、ログイン順など効率的にマッチング率の高い会員を検索することができます。
やはり新規メンバーやリアルタイムでログインしているユーザーは期待値が高いのです。

<シークレットモード>

足あとを残さない/ログイン状況を非表示にできるという機能。
直接的に成果に反映しないどころか、足あとという貴重なチャンスを敢えてOFFにする理由はあるのか?と思ってしまいますが、複数女子を並行して処理していくような上級ハンターには重宝される機能のようです。

ポイント購入

東カレでは"いいね"の他に"バラ"を送ることができます。
1本は無料、それ以上なら999本=999円まで任意に課金し好みのお相手に送ることができます。

マッチング可否に直接な影響を及ぼすものではありませんが、貰ったバラ本数が表示されたりバラランキングがあるなど、人気度の指標になっています。
SNSでもらう「いいね」や「フォロワー」の数と似た意味合いかもしれません。

婚活サイトとしての価値

ユーザーによる総合審査制度を取り入れたことで、会員レベルが高いことはしっかり確認することができました。
では、東カレデートをネット婚活ツールとして考えた場合の評価はどうでしょうか

結論から言って、真剣に婚活されている方へのお奨め度はそれほど高くありません
確かに年収が高く容姿の良い男性や若くて美人な会員は多数存在しますが、彼らが結婚相手を探しているかと言えば答えは"NO"。
東京カレンダーの世界観を知れば、その目的と思考は容易に想像できるはずです。

ただし、ステータスや容姿に自信のある方が、サブツールとして活用する分には非常に有効なサイトだと言えます。
ユーブライドやゼクシィ縁結び等の婚活サイトと比べるとどうしても"遊び感"が否めないのです。(もちろん、東カレデートの魅力はそこにあるのですが)

「入り口は遊びでもOK」「真剣な関係に発展したら結婚してもいいかも」程度の軽い気持ちで始めないと、お相手との温度差に耐えれない…なんてことになり兼ねません。

公式サイトへ
▼メニューへ