男性は完全無料だが運営による面接をパスしなければならない

ページ
トップ

女性が男性を選ぶ婚活サイト

キャリ婚

キャリ婚のスクリーンショット
キャリ婚の特徴

共働き志向の働く女性を対象にし、女性が男性にアプローチするシステムになっています。
従来の男性有料型婚活サイトとは違い、結婚へ前向きで自立的な女性をターゲットに自分の結婚観にコミットする対象を探し、遊び目的や冷やかしを一切排除したシステムです。

男性は担当者の面談に通過することが登録条件であり、共働き、結婚の意志がある事が前提となります。
男性から女性にアプローチすることは出来ませんが、完全無料でサービスを利用出来ます。

働く女性
女性側の利用手順

女性側もまずは無料体験でサイトを利用したのち、有料会員に登録します。項目はいたってシンプルです。

・ユーザーID
・パスワード
・氏名
・電話番号
・メールアドレス


料金

入会時に27,000円(税込)、以降3か月目より60日ごとに7,560円(税込)と婚活サイトとしてはかなり高額 。支払いはPayPalを使用したクレジットカード決済のみです。
真剣度が高い利用者層を限定する意図を感じますが、結婚相談所よりも安く中途半端な価格設定に 価値があるのか疑問が残ります。

本人確認で提出できる書類

・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・外国登録証または在住カード(日本在住の外国人)


有料会員で利用できる機能

女性は有料会員になることは必須事項 で、有料会員後に男性会員のプロフィール閲覧やアプローチが可能になります。

・プロに恋愛相談
・過去投稿読み放題
・男性を探す
・メッセージを送る

キャリ婚は「 出会える・学べる 」をコンセプトに掲げ、キャリ婚カウンセラーへの恋愛相談が投稿でき回答がもらえます。
相談内容は以下のようなものです。

・自分からのアプローチが苦手だが、活用は出来るのか?
・相手に断られて自信が持てなくなった
・アプローチからどれくらいで見切りをつけるべきか?

男性側の利用手順

最初にサイトから最低限な基本情報を登録します。ここまでは女性と同じ工程です。

・ユーザーID
・パスワード
・氏名
・電話番号
・メールアドレス

会員登録後、プロフィールを入力し、面談へと進みます。担当は以下のキャリ婚カウンセラーです。
キャリ婚カウンセラー ・「女のプロ」川崎貴子
・「性のプロ」二村ヒトシ
・「関係構築のプロ」金沢悦子

面談では主に共働き・結婚の意思があるか を中心に過去の恋愛や結婚に対する価値観への質問です。時間は約30分、毎月平日夜に2回、土日どちらかで終日1回サービス運営元である株式会社ninoyaの六本木オフィスにて行われます。また、 オンラインでの面談も可能です。
面談より約1週間で合否の連絡があり、プロフィールが公開されます。

推奨コメント

男性が面談を通過し、登録が完了すると面談担当者から推奨コメント付きのプロフィールが公開されます。第三者から実際会った評価は貴重でしょう。

結婚するまでサポート

晴れて交際スタートした後も、交際ステータスに変更し利用を続けられます。交際中にキャリ婚カウンセラーに相談することも可能です。

女性優位のシステム誕生のワケ
微笑む女性

従来の婚活サイトでは男性がアプローチをし、女性が答えるカタチが一般的でした。
株式会社リントスの個人向け事業としてキャリ婚活を発足。リントスの代表取締役は女性向けコンサルを自身もキャリアウーマンとして著書も多い人物です。婚活サイトは既婚者や遊び目的の男性も存在し、男性からも 共働きを望む人には合わなかったようです。安心できる出会いの提供は現代の価値観に沿った仕組みを誕生させました。

会員は都心部近郊で30代前半が多い

キャリ婚は地方に弱く、会員の多くは都心部近郊 です。
20代中盤~40代までいますが、主に30代前半が中心です。平均よりやや上の年代に需要があり、高額な料金を払っているので意欲的な女性ばかりです。現時点では大半のユーザーが首都圏が多いため 「東京近郊での出会い」が前提 になります。運営は地方にも対応したいようなので今後に期待しましょう。

受け身な女性には不向き

婚活サイトの中でも会費が高く、対価に見合った結果を出すには積極的にアプローチするほかありません。
なかなか相手を誘えない、リードしてほしい 受け身な女性には不向きです。

公式サイトへ

▼メニューへ