紹介を頼む友人には相手の好みを具体的に伝えることを忘れずにしましょう。

ページ
トップ

友達の紹介で婚活してみる

友達の協力を得て婚活する女性

結婚を意識してネット婚活や結婚相談所を利用してみたけれど、何となくなじめない・向いていないような気がする方は、婚活の方法を変えてみてはいかがでしょうか。
今回は友達の紹介で婚活をする方法を公開します。自分の事をよく知ってくれている友人からの働きかけなら、安心感がありつつ気の合う異性と知り合うことが出来るでしょう。

紹介で付き合うメリット

友人の紹介で交際を始めたカップル

友人を通した紹介ですから、リアルな交友関係での出会いと似たようなものです。婚活サイトや結婚相談所などで出会うような全くかかわりのない他人とは少し立場が違います。紹介のメリットをチェックしてみましょう。

身元がわかるから安心感がある

婚活をするにあたって心配なのが相手の身分についてですよね。もちろんどのような方法で出会ったとしても、危険が全くないということはありませんが、限りなく安心感があるのは信頼のおける人物からの紹介でしょう。

婚活が上手くいきやすい

友人はあなたの性格をよく知っているでしょうし、類は友を呼ぶということわざの通り全く波長が合わない異性を紹介されることは少ないでしょう。また、金銭面のズレや生活の不一致なども事前に避けることが出来ます。

喧嘩の仲介をしてくれる

めでたく交際をスタートさせても避けられないのが、相手との衝突や喧嘩などのトラブルです。そんなときは、きっと二人を引き合わせてくれた人が力になってくれるでしょう。あなたが知らない相手の気持ちを聞き出してくれたり、頼りになるアドバイスがもらえたりと助けになってくれるはずです。

一方デメリットも

二人の状況は友人に筒抜けかも

安心感や婚活のしやすさなど大きなメリットがある一方、やはり知っておきたいデメリットもあるようです。友人に紹介を頼むのは一度欠点を踏まえてからが良いでしょう。

上手くいかなかった時が気まずい

「せっかく紹介してもらったけど、好みのタイプではなかった」「交際したものの、続かなかった」なんてことは仕方のないことです。紹介してくれた友人へ気まずさや申し訳なさを感じるかもしれません。
また、交友範囲が被っていると、相手とばったり遭遇してしまった…なんてことは無きにしも非ずです。

情報が共有されがち

二人の進展具合や喧嘩内容・恋人に対する態度が友人へ筒抜けになる事があるかもしれません。メリットでも書いた通り、喧嘩の仲裁をしてくれる・助言をもらえるなど決して悪い面ばかりではありませんが、干渉されていると感じてしまう人もいるのでは?紹介をしてもらいたいなら覚えておきたい点ですね。

どうやって紹介してもらうの?

信頼のおける友人に直接相談してみましょう。
紹介をお願いする際は「アウトドア派でスポーツが好きな人・筋肉質が好き」など具体的にどんな人と出会いたいのかを伝えることで、好みの相手と出会う確率を上げることが出来ます。ただし、条件は高望みしないでおきましょう。

また、大切なのはあなたが紹介したいと思われる人間性を身に付けておくことです。日ごろから身だしなみや金銭面の管理、言葉遣いには気を払ってください。
紹介を受けたときにはお礼と感謝の言葉を忘れないようにすることで、1度目の紹介で上手くいかなくとも今度またいい人がいたら紹介しようと思ってもらえる素敵な人になれるでしょう。

関係を発展させるには

紹介を受けたならまずは最初のデートまで、会話を続けてください。
この点はネット婚活と何ら変わりはないでしょう。相手の趣味・好み・共通の知り合いについてなど当たり障りのない話題である程度打ち解けてから、デートに持ち込みましょう。特に男性はメールやLINEでのやり取りが適当になったり、いきなりデートに誘ってしまったりする傾向があるので気を付けてください。

2人で会うのがまだ怖いな…という時は紹介をしてくれた人を交えて3人で会う、ダブルデートに持ち込むなどがおすすめです。緊張感がほぐれるまで無理をして2人で会う必要はありませんし、誘っている側も相手に強要してしまうのはスマートではないのでゆとりを持って対応してください。

上手な断り方

断る際には友人にも伝えるがベスト

友人のメンツもあり、なかなか言い出しにくいかもしれませんがはっきりと付き合う意志がないことを相手に伝えましょう。結婚は無理でも友人として関わりたいのなら「友人として仲良くしたい」と提案してみると、新たな交友網が広がる場合もあります。
紹介を頼んだ友人にも一言伝えるのがベストです。お互い友達なので遠慮せずに断った理由を伝え、今後同じような機会があった際の参考にしてもらいましょう。

ネット婚活であろうと、友人の紹介だろうと大切なのは無理をしないことです。自分に合った婚活の方法があるので上手くいかないからと言って落ち込まずに様々な可能性にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


▼メニューへ