自撮りやアプリ加工はNG? 婚活では等身大の表現が好まれます。

ページ
トップ

写真で9割が決まる!?

婚活サイトの仕組み上、ある検索条件で表示された一覧から気に入った異性を探す訳ですが、
一覧表示されるのは「顔写真+年齡+α」程度の簡単な情報です。

検索表示できるのは簡単なプロフィールのみ

そのため、写真で「ビビッ」と来なければいくらその先のプロフィールに力を入れても読んでさえもらえないのが実情です。

ネット婚活では、10人よりも100人・200人にプロフィールを見てもらった方が、チャンスが広がるのは言うまでもありません。

メラビアンの法則という有名な話があり「第一印象は3秒で決まり、見た目と声が9割」というもの。
これは婚活サイトでも同じことが言え、仮にその割合を数値化するなら「写真が9割・プロフィールは1割」というほど写真は大切なのです。

メラビアン法則からも明らかな写真の重要性

どんな写真が良いの?

もちろん、顔が可愛い・イケメンなど潜在的要因はありますが、こればかりはどうすることもできないものです。

しかし、同じ人でも写真の撮り方1つで物凄い好印象を与えることができるのです。

ここではより好印象な写真の撮り方、題して「モテ写真術」を男性編・女性編でご紹介します!

モテ写真術(♂男性編)

まずは男性編からです!

①服装・髪型

安心してください。
服装や髪型は特別オシャレである必要はありません。

最も意識するべきは「清潔感と誠実さ」です。

無難なのはスーツですが、あまり堅い印象を与えても良くないのでノータイのいわゆる"ビジネス・カジュアル"程度がベストでしょう。

そう言われても…
という方は、とにかく襟付きのシャツにジャケットを羽織ってください。

もし持っていなければマルイに行って店員さんに「仕事でもプライベートでも使えるシャツとジャケットをください」と言えばベストな組み合わせを提案してくれるでしょう。

男性・スーツのコーディネート

あとは髪型です。

これも特別個性的な表現をする必要はありません。
顔がハッキリわかる程度にさっぱりとカットし、耳は出すか半分隠れる程度までカットしましょう!

イマイチわからない…

という方は美容院へ行き「大勢の前でプレゼンをする機会がある」「結婚式の司会をやる」とでも言ってみてください。
プロが清潔感溢れるヘアスタイルにアレンジしてくれます。

余談ですが、カラーやパーマ、長髪はあまりお奨めしません。

もちろんそれをトレードマークにしている上級者は別ですが、一般的に好印象を与えることはありません。
どちらかと言えば「不衛生」「いい年して馬鹿みたい」「チャラいのかな」と圧倒的に不利な感情が働きます。

写真テクニックと言いながら、服装と髪型で印象の半分は決まると思ってください。

多少のお洋服代と美容院代くらいは必要経費と考えてビシっとキメてやりましょう!

②撮影場所

次は撮影場所です。

特にメインとする写真は『明るさ』が重要です。
婚活サイトではあなたのことを知る情報はとても限られています、明るい写真は「この人爽やかで明るい人なのかな?」と連想させる反面、
暗い写真は「なんだか暗そう…、不鮮明で怪しい」とネガティブな印象しか与えません。

とてもベタですが広めの公園など背景に自然があるロケーションが良いでしょう。
顔に影が出来ないように太陽との向きを見ながら角度を決めましょう!

木漏れ日の美しい公園

薄暗いBARで撮った写真と晴れの日に撮った写真では第一印象に雲泥の差があります。
ここは騙されたと思って屋外での写真を用意してみてください。

③ポーズ・表情

まず表情は「笑顔」を意識しましょう!

男性は普段写真馴れしていないので、笑顔が苦手です…
口角をグッと上げて、歯を見せるくらい大胆に笑いましょう!

理想的なプロフィール写真

多くの方に言えることですが、自分では笑っているつもりですが実際写真で見ると不貞腐れた顔に映ってしまう…
ということが良くあります。

「やり過ぎかな?」というくらいワザとくさい笑顔で良いので大胆に笑いましょう。

写真になると案外ちょうど良い爽やかさに仕上がるので安心してください。

また「ピース」などのポーズは不要で、上半身をアップで写します。

レイアウト的には本人8割・背景2割くらいのイメージでOKです!

スマホの小さな画面で見ることになるので、はっきりと大きく映した方がいいのです。

④カメラ等機材

機材も重要なポイントです。

iPhoneなどのスマホでも良いのですが、コンデジや入門一眼レフカメラで撮った写真は一線を画する出来栄えになります。
せっかくオシャレをして日中の公園に出掛けるのですから用意してみてはいかがでしょうか?

婚活サイトの検索結果を見ていると9割はスマホで撮った写真が使われていますが、やはりしっかりとしたカメラで撮った写真には「魅力」があります。

専門的に言えば、背景のボケ感による立体感や発色の自然さ、高解像度など細かな話になりますが、技術が進歩した現在では機材が良いだけで誰でもプロに近い写真を撮ることができます。

スマホ⇒カメラに変えるだけで好印象な写真に

最近は1日数千円で利用できるレンタルデジカメなども普及しています。
写真は今後の成果に直結するものですので、万全の準備で挑みましょう!

⑤バリエーション

一般的な婚活サイトではメイン写真の他に3-4枚程度のサブ写真を登録できます。

最後にサブ写真のお奨めバリエーションをご紹介します。
最低限次の3枚を掲載するようにしましょう。

1枚目(メイン写真):上半身アップ

①-④で説明した上半身UPの爽やかな写真を掲載しましょう。

2枚目:全身画像

全身写真は頭の先から足の先までがくっきりと映った写真がよいでしょう。
1枚目と同じロケーションというよりは、旅行先や観光地などで撮った全身+背景が映っている写真があればよりベストです。

3枚目:趣味や仕事中の写真

あなたの日常がイメージできる写真がベストです。
例えば、スポーツならユニフォームやウェア姿の写真ですし、ドライブなら運転中の写真、キッチンで料理をしている姿などです。
もしくは仕事中の写真もとても評判が良く、これはビシっとスーツ姿で映るのも良いでしょう。

男性プロフィール写真のサンプル

ネット婚活で重要な5つの写真ポイントをまとめてみました。

読んでいただいた通り、どれも特別難しいことをしているわけでは無く、要所要所を平均レベル以上にすることで全体的にバランスの良い"女子ウケする写真"に仕上がるわけです。

逆に、どれだけオシャレな格好をしていても無表情な男性には魅力は感じませんし、1枚だけでなく複数写真があったほうが親近感が湧くのも自然に理解できるはずです。

モテ写真術(♀女性編)

お待たせいたしました!

婚活モテ写真女性編でも基本は男性編と同じですが、女性らしさやより美しく見せるポイントを踏まえてご紹介します。

①服装・髪型

やはり服装は『女性らしさ』を全面に出したモノがよいでしょう。

特に無難なのはワンピーススタイルで、女性らしさの演出に加え、上下の組み合わせを迷う必要が無いというのもポイントです。

さらにできるだけ明るい色を選ぶことを推奨します。
具体的には白やパステル系のカラーで、清楚感を演出するだけでなく、写真を撮影時に"レフ板効果"を発揮して顔を明るく、白く映す効果があります!

好印象な女性の服装・髪型

髪型は長すぎる前髪など顔がハッキリわからないスタイルはNGです。
どうしても相手を写真でしか判別できない婚活サイトでは「何か隠したいことがあるのかな?」と勘ぐられてしまう可能性もあります。

②撮影場所

これも男性編と同じように明るい屋外がお奨めです。

室内の場合はなるべく明るく白い床の場所を探すとよいでしょう。

女性ポートレート写真に効果的な撮影場所

影や逆光に注意して撮影しますが、できるだけ顔と並行な位置から撮影してもらうと"写真の歪み"も少なく綺麗に映ります。
極端に上からや下から撮影してしまうとカメラレンズの特性上歪みが発生することがあります。

③ポーズ・表情

基本は前で手をあわせるか後ろで手を組むポーズがよいでしょう。

顔の周りに手を入れたり、口や頬を抑える等顔のパーツが隠れるような写真は避けるようにしましょう。

もちろん、ひとそれぞれ"可愛い映り方"があるのは理解していますが、ネット婚活で大切なのは「写真と全然違うんじゃないかな…」と思われないクリアな写真を載せることです。

仮に「神の一枚」があったとしてもサブ写真や実際に会った時の本人とかけ離れていたら逆に幻滅されてしまいますよね。

ありのままのあなたを気に入ってもらうためにも、目一杯の笑顔で映りましょう!

④カメラ等機材

こちらも男性編と同様ですが、スマホカメラよりは少しいいデジカメを使うと鮮明に映るだけでなく女性独特の柔らかさやまるで会ったことがあるかのような親近感を表現することができます。

用意できるなら良い機材で撮影することをお奨めします。

余談ですが、スマホのインカメによる自撮りや加工アプリによる過度な編集はお奨めしません…
理由は説明するまでもありませんが、いわゆる写真詐欺かも?と思われ敬遠される傾向があります。

自撮り・加工アプリはお奨めしません!

⑤バリエーション

こちらは女性も3パターン以上の掲載が望ましいです。

1枚目(メイン写真):上半身アップ

上半身UPで実物より過剰に良く見せよう!というよりは等身大のあなたをそのまま表現してあげてください。
男性は自然な笑顔や清楚な雰囲気に惹かれるので、自信を持って満面の笑みで映ってみてください!

2枚目:全身画像

全身写真も必須です。
これも旅行や行楽地等の楽しげな写真にしましょう。
背景が観光地などだと「●●に旅行に行ったんですね!」とその後の会話のネタにもなりますよ!

3枚目:趣味や仕事中の写真

音楽なら楽器を演奏しているところやライブイベント等での写真だったり、カメラなら写真を撮ってる姿などです。
「あなたと交際したらこんな楽しみ方ができるんだな」と男性側も親近感を感じやすくなります!
もちろん仕事中や友人との写真などでもOKで、あなたの素顔が伝わるものがよいですね。

女性プロフィール写真のサンプル

どうでしょうか?

男女別に写真のコツをまとめてみました。
本当にこれらを意識した写真に変えるだけで、倍以上の効果がでることだって珍しくありません。

最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、勇気を持って掲載してみましょう。

併せて、男女別のプロフィールの書き方も参考にしてみてください!

プロフィールの書き方・男性編 プロフィールの書き方・女性編

▼メニューへ