皆が再婚を考えるタイミングや離婚の原因について詳しくまとめました!

ページ
トップ

再婚がしたくなる時期とは?

一人で道の上に立つ女性

離婚をした人は「もう二度と結婚したくない!」という人と「また相手が見つかり次第再婚がしたい」という意見の人に分かれます。
それは一度目の結婚で起きた経験によって変わってくると思いますが、現在日本では離婚した夫婦のうち、4分の1が再婚をしているという結果が出ています。

では、その人達がどのような時に「再婚がしたい!」と思うのかを調査したので、ご紹介していきたいと思います。

離婚の原因と心境の変化

毛布にくるまり寂しがる女性

まず、離婚をしてしまった方ですが、相手との性格が合わなかった・暴力を振われた・浮気をされた・家族や親戚との不仲など様々な理由があります。

しかし、パートナーがいなくなることで生活が不安定になって体調を崩してしまったり、心の拠り所がなくなったため精神的に追い詰められてしまったりと、心身共に影響してしまうことが多々あります。

離婚して独り身になった方は、予定がない休日やふとした時間に「傍にいてくれる人が欲しいな」「誰かと出かけたり生活がしたいな」と思ったり、心身共に参っている時に「家で待っていてくれる人が欲しいな」「自分が弱っている時に傍で話を聞いてくれる人が欲しいな」と思う方が多いようです。

子連れの方

海を見る母親と幼い子供

子連れの方は「子供が反抗期の時に叱ってくれる父親が欲しい」「仕事の都合で外食ばかりになってしまうから、家で料理をしてくれる人が欲しい」「もっと色々な遊びを教えてあげたい」「服のセンスがわからないから子供のショッピングに付き合ってくれる人が欲しい」など、子供に対して何かしてあげたい、環境を変えてあげたいと思った時に再婚を考える人が多いようです。

また、父親(又は母親)と3人の思い出をつくりたい、子供を一緒に育ててくれる人が欲しい、自分の話も聞いてくれる人がそばに欲しいなど、精神的な支えといった面でも求めている方が沢山居ます。

つまり、子連れで再婚を考える人は「自分が一人で立派に育てていくんだ」とはじめのうちは頑張る人も多いですが、子育てで疲れた時にふと「こんな時にパートナーがいればな」と思ってしまうようです。

熟年の方

コーヒーを飲み肘をつく熟年女性

熟年の方は、子が自分の手から離れて行った時にパートナーがいなかった場合や、一人で部屋にいる時に再婚を考える人が多いようです。
特に「このまま誰にも気づかれずに死んでしまったらどうしよう」という不安や、「旅行やお出かけがしたいのに相手がいない」「誰かと話したいのに話し相手がいない」という寂しさから再婚を考える人が多いそうです。

また、若い時代ろくに恋愛ができなかったことや、初恋の人が忘れられないまま歳をとってしまったけど、もう一度あの時のような恋がしてみたい!という方も中にはおり、時間とお金に余裕がある今だからこそ恋愛がしたい、パートナーが欲しいという考えの方もいます。

まとめ

並んだ男女のスリッパ

「子連れでも再婚がしたい」「バツイチだけどが再婚したい」「熟年だけどもう一度結婚がしたい」と思うことはとても良いことです。
また「再婚したい!」と思う時期は、実は皆同じようなタイミングだったりもします。

その時に婚活サイトなどに登録しておくと、同じような経験がある人や、同じ年代の話が合うパートナーが見つかる可能性もグンと高くなります。
ですので、ぜひ再婚がしたい!結婚がしたい!と思ったら今すぐにでも行動することをおすすめします。


Page Top
▼メニューへ