掲載サイトは実際に登録し、自分の目で確かめた大手優良サイトのみです。

Webを使えば出会いのチャンスは何倍にも広がります。

婚活サイト徹底比較スマホ用バナー
脚光を浴びている婚活サイトを詳しくレポートし、料金・会員数・facebook系連携有無など目的別でご紹介します。

婚活サービスの特徴や出会うまでの流れ、皆様の体験談などをご紹介します。

ページ
トップ
皆様の体験談を読む

婚活サイトをオススメする理由

71.8%

いったい何の数字だと思いますか?
これは最新の調査で明らかになった20代後半男性の「未婚率」です。

20代後半男性の既婚・未婚率

2014年6月 内閣府公表の「少子化社会対策白書」より

世間では「晩婚化」などと騒がれていますが、まさかの「7割超」に衝撃が走りました。

さらにこの調査では、

  • 女性の未婚率も60.3%
  • 生涯未婚率は「20%」と30年前の10倍
  • 年間の婚姻件数も約半分に

という壊滅的な結果が明るみになりました。

調査イメージ

では、世の中の人は結婚そのものを望んでいないのでしょうか?

「そんなことはありません。」

生涯を誓うパートナーと出会い、幸せな家庭を築くことは誰もが求める理想なのです。
これだけ便利になった世の中なのに「結婚できない理由」を聞くと大抵の人が「イイ出会いがない」と口を揃えます。

そんな中で昨今注目を浴びているのが「婚活サイト」の存在です。

「婚活はしたいけど時間がない」「婚活パーティーはちょっと気が引ける」という男女共通のニーズとスマホ普及でネット環境が充実した事がマッチングし、爆発的に利用者数を増やしているのです。

婚活サイト利用者数増加中!

ちょっと奥手な方や多忙なビジネスマンも恋愛が身近な存在になり、どんどんチャンスが広がります。
当サイトでは人気沸騰中の「婚活サイト」を徹底的に比較し、年齢層・会費などカテゴリ別に特徴をご紹介していきます。

もちろん自信を持ってオススメできる大手優良サイトのみを掲載していますのでご安心ください!

おすすめ婚活サイト

youbride(ユーブライド)

youbride
youbrideの特徴

ユーブライドは会員数84万人を誇るメガサイトです。
会員数もさることながら特にお伝えしたいのはユーザーの質の高さです。
ペアーズなど「気軽に初められる」というスタンスのサービスに対してより積極的に婚活を意識した方が多く、それは写真の掲載率やプロフィールの充実度を見れば一目瞭然です。
また、個人的な主観やタイミングもあるので参考までに記載しますが、美男美女が多い印象です。
これは「結婚ができないから登録した」というよりは「より素敵な結婚を望み、視野を広げて婚活したい!」という前向きな理由で登録しているユーザーが多いからでしょう。

pairs(ペアーズ)

pairs
pairsの特徴

会員数65万人を突破した【pairs】のご紹介です。
「会員の質」「料金」「サイトシステム」とどれを取っても平均をはるかに上回るクオリティーです。
実はペアーズは、いくつかあるfacebook連携の婚活・恋活サービスの中では後発でしたが、高品質なサービス故に先発サービスをゴボウ抜きにし現在ではダントツの人気を誇ります。
あえてユーザー層を定義するなら「結婚を前提とした恋活をしたい人向け」という人が多く、一般的な婚活サイトよりも敷居が低く男女ともに気軽に初められる印象です。
facebook連携と言いつつも、ペアーズ内では名前はイニシャルで表示され、投稿欄非表示や友達非表示機能などでリアル友達バレを徹底的に防止しているのも安心のポイントです。
facebookアカウントを持っていることが前提となりますが、facebookアカウントを新規作成してでも十分に利用する価値がりますよ。

ブライダルネット

ブライダルネット
ブライダルネットの特徴

次に紹介するのは「ブライダルネット」です。
会員数では7万人弱と大手に比べれば小規模ですが男女比は男47:女53とほぼ理想値に近いバランスです。
中でも会員の信頼性の高さが特徴的で、入会審査を設けている徹底ぶりです。入会時には本人確認書類の提出であることと、任意で住所証明・勤務先証明・独身証明などが提出できるため男性側が真剣度をアピールすることも可能です。
メール交換までのサポートが多い婚活サイトですが、ブライダルネットでは「連絡先交換」や「デートの誘い」までサイト内で完結できるという徹底ぶりです。この機能のおかげで「会える確率」は通常の2〜3倍になりました!
たくさんの会員と知り合ったとしても実際にデートに発展しなければ上手い婚活とはいえませんよね、その点ブライダルネットのサポート機能は非常に評価できるシステムですよ。

アイル

アイル
アイルの特徴

2013年8月よりfacebook連携サービスが開始された「アイル」のご紹介です。
同類サービスの中でも後発の同社は最安の料金を打ち出し、順調にシェアを拡大しています。
月額料金は1970円とfacebook系婚活サイトの中でも最安値のサービスですので、初めて婚活サイトを始めるという方にも負担が少なくてすみます。
機能的な特徴としては「あしあと機能」や「ギフト機能」などいきなりメッセージは・・と足踏みしてしまう人にはありがたいサポートと言えますね。

ラブサーチ縁結び

ラブサーチ縁結び
ラブサーチ縁結びの特徴

男女比「男40:女60」というラブサーチ縁結び。
どちらかと言えば男性側が「売りて市場」の構図になっているのが特徴です。
このアンバランス感がゆえに他サイトに比べ、女性側はより詳しいプロフィールを載せたり積極的にアプローチをしていますので、少し奥手な男性でもスムーズにやり取りを楽しめるのではないでしょうか。
初デート後のギフト券プレゼントや成婚時の旅行券(5万円)プレゼントなどちょっと嬉しい特典を用意している点も評価できますね。

その他サイトはこちら

Facebook連携系特集

カップルイメージ

昨今急激に会員数を伸ばしているファイスブック連動のオススメ婚活サービスを特集しました。

ネットコンテンツの中で最も個人情報の信ぴょう性の高いとされるSNSと連携することで、見知らぬ相手をより身近に感じることができるのが特徴です。

Facebook友達にバレない?と不安に思うかもしれませんが、名前はイニシャル表記。友達関係の人にはお互い非表示になる。一切投稿はされない。などの徹底したプライバシー保護がされているので安心してご利用いただけます。

Facebook連携系特集はこちら

お見合いパーティ系特集

お見合いパーティイメージ

いくらネットが発達しても、雰囲気やフィーリングまで伝達することはできません。

会った瞬間にビビっとくるあの感覚を味わえるのはパーティーならではの醍醐味ですね。

もちろん普段はネット婚活をしながら、月に数回パーティーに参加する。という方も多いですよ!

お見合いパーティ系特集はこちら

会員数・会費・運営会社で選ぶ

数ある婚活サイトを選ぶにあたって会員数や会費は一つの基準ですね!

出会いの可能性を最大限に広げるには絶対的に会員数が多いサービスを選ぶべきですが、重要なのは表面上の数だけでなく「アクティブ会員」の割合です。当サイトでは活動的なユーザー数を考慮した3サービスをピックアップしました。

会員数で選ぶ

婚活サイトは月額制を採用しているサービスがほとんどですが、その金額は2,000円台のところから4,000円近いものもあります。

各社、1ヶ月よりは半年、1年会員の方が1月当たりの会費がお得になるようプランが設定されていますが、当サイトでは「1ヶ月単位」での会費をもとに比較を行いました。

お手頃会費で選ぶ

婚活サイトでは多くの個人情報を開示することになりますし、サイトセキュリティーがしっかりしていることも重要なポイントです。

最後は、運営会社の規模や運営歴などからより信頼性の高いサービスをピックアップしました!

運営会社で選ぶ

出会うまでのステップ

STEP1プロフィール作成

お気に入りのサイトに登録したら、まず始めに行うのがプロフィール作りです。

職業や年齢、住んでいるところなどがキチンと書かれていることはもちろんですが、性格や好きな事(趣味)、休日の過ごし方などあなたの内面的な魅力が伝わるプロフィールが好印象を与えます。

プロフィールの書き方・男性編 プロフィールの書き方・女性編

STEP2異性にコンタクト

さぁ、いよいよコミュニケーションの始まりです。

基本は気になる異性へメッセージを送るなどアプローチして、お互いの気持ちがマッチングすればやり取りがスタートするという仕組みです。

「いいね!」を押したり「足跡」をつける、など各サービスごとにさまざまなアプローチの方法がありますよ。

ファーストコンタクトのポイント

STEP3メッセージのやりとり

あまり意識しすぎず、異性の友達とメールやLINEをしている感覚で楽しく会話しましょう。

男女共通で盛り上がれる話題としては趣味の話や最近行った旅行先、話題の映画・音楽の話などが多いようです。

STEP4デートに誘う

ついに初対面の時がやってきました。
そして婚活サイトの役目もここまでです。

ここからは普通の恋愛と同じで食事やデートを重ねて二人の距離を縮めていきましょう。

久々のデートだと「どんな服を着ていこう」「何を話したらいいのだろう」「どこに連れていったらいいの」と困ってしまうかもしれません。
そんなときは次の記事も参考にしてみてくださいね。

初デートのポイント・お出かけ編 初デートのポイント・ディナー編

婚活はネットの時代に?!

「なぜ今更婚活サイト?」と思われるかもしれません。

実は婚活サイトは昔から存在しており一定の需要はありましたが、結婚相談所のサービスの一部であったり、会員数が少ない・料金が高い・匿名性が高すぎて不安などが足かせとなり非常に限られた市場でした。

そんな背景から婚活サイトはあまり表にでることはなく、世間的にも"ちょっと怪しい"というレッテルを貼られてしまったのです。

しかし、ここ1.2年で急激に婚活サイトが注目され始めました!
その要因は様々ですが、理由は大きく3つあります。

会員の質がグッと上がった

大手企業(イオン・楽天など)の参入により、会員数数十万人というビッグ媒体が複数登場したことにより、各社の競争が激化。
結果的にユーザーは選択肢が広がり、不良サイトは淘汰され「優良サイト」のみが生き残っているという縮図が完成したのです。

運営側も会員の精査には抜かりがなく「身分証提示」や「身元照会」を徹底しているサイトも珍しくありません。
真剣に出会いを求めている側からすればこういった徹底は安心感にもつながりますね。
また、任意で「独身証明書」や「年収証明」などを提示できるサービスもあり、これらも女性に対して好印象を与えることができます。

インターネット・スマホの普及

インターネット環境、特にスマートフォンの普及はネット婚活を一気に加速させました。
PC・ガラケー時代から婚活サイトはありましたが、利便性や画面の小ささ・読み込みなどのストレスから快適とは言いにくいサービスでした。

それが短期間の間にスマホが主流となり、移動時間や昼休みなどちょっとした空き時間にもPCと遜色のないレベルでサービスを利用できるようになりました。
さらに、アプリによる利用ができることで登録自体のハードルも下がり人気を後押ししています。

世間的なイメージが改善された

そしてなんといっても世間的な印象がガラっと変わったことがあげられるでしょう。
一昔前なら「ネットがきっかけで出会った」というだけで「不純」「非常識」「怪しい」というネガティブイメージしかありませんでした。

しかし、今はどうでしょう?
SNSやtwitterをきっかけにした恋愛ドラマや映画が放映されたり、婚活サイト自体もよりSNS風にリメイクされ様々なイメージUP広告を打つことで、世論的にも1つの婚活手段として幅広い年齢層に認知されてきています。

さらに加速していく婚活サイト

右肩上がりの婚活サイトですが、今後さらにその市場や認知度が拡大していきます。
記憶に新しい出来事で、2014年6月にその起爆剤の一つとなる大きな報道がありました。

  • 「民放連は結婚情報サービス業のCMを放映できるよう前向きに検討を進めている」

結婚相談所や調査業・探偵業などは民放連の自主規制によりCMを打つことはできませんでした。
しかし、ネット広告に押され新たな広告主を模索していた放送業界は規制緩和により起死回生を狙ったのです。

これにより莫大な資本力を持つ大手婚活サイトは市場拡大とイメージアップ戦略のためにTVCMをフル活用し「ネット婚活」そのものを社会的に認知させるのです。

実はこのようなCMに纏わる社会現象は今に始まったものではありません。

1993年には金融業のCM規制緩和でプロミス・アイフルなどの消費者金融がこぞってCM戦略を展開し、見事それまでのグレーなイメージを払拭し市場拡大に成功しました。
2009年のパチンコCM解禁では、落ち目だったパチンコ業界をV字回復させました。

ちょっと豆知識・婚活サイトの歴史

婚活サイトは
"きっかけ"に過ぎません

婚活サイトの素晴らしさを紹介してきましたが、ハッキリ言えば知り合うための手段に過ぎません。
「職場や学校が一緒だった」「友人の紹介」「合コンやイベント」などと同じで、たまたまそのきっかけが婚活サイトだった。というだけのことなのです。

逆に言えば、初めて会ったその瞬間からごく一般的な恋愛となんら変わりはなく、お互いに惹かれ合えば食事や映画などのデートを重ね、恋人となり、結婚へと歩んで行くのです。

大切なのは「出会い方」ではなく「生涯愛し続け、寄り添えるパートナー」を見つけることなのです。

皆様の婚活ストーリー

最後に皆様からお聞きした婚活ストーリーを体験談形式でご紹介いたします!
人生最大の大恋愛には「笑いアリ」「涙アリ」のまるでドラマのような話をいただくこともあります。
これから婚活をはじめてみよう!という方へも参考になれば嬉しく思います。

12月22日更新

「思い描いていた理想の結婚ができました。」

よく婚活サイトを利用して結婚したというと「若いのになんで婚活サイトを使うの?」っていわれるんです。
それだけじゃなくて「まだ結婚なんて年じゃないだろう」って20代で結婚すること自体に疑問を持たれることもあります。

若いパパへの憧れ

でも若者がみんな人生設計ができなくて結婚を遠い将来のことと考えているっていうのは偏見です。
私はなるべく早く結婚したいと思っていたんです。それは早く子供が欲しいと思っていたからです。

「若いお父さんになりたかった」と言い換えてもいいです。
高校でも大学でも彼女はいたし、就職してからもしばらくは恋人が途切れることはありませんでした。

でも自分は結婚を考えていても、その時の彼女とはどこか温度差があるように感じたんです。
自分が将来の事について熱く語っても向うはその気じゃない。

20代前半で将来を決めることにどこかつまらなさを感じているような気がしたんです。
その時の彼女としばらくしてすれ違いで別れてから、すこし考えたんです。

職場や友人や知人を介して恋人探しをするよりも結婚を意識している女性が登録している婚活サイトで出会いを求めた方が、早く結婚を意識した付き合いができるのではないかと。 そんな時にブライダルネットに出会いました。

真面目に結婚を考えている人向けの婚活サイトで、結婚相談所よりもお手頃価格で利用できることから選びました。
出会ったのは自分よりも年上の29歳の女性でした。

婚活サイトの利用

偶然にも仕事の業種も同じで、話の共通点も多かったので、連絡を取り合いデートを重ねるうちに本格的に結婚を意識するようになりました。
彼女に自分が結婚をして家庭を持つ意識が高いことを伝えると「自分も結婚して仕事よりも子育てをしたいきたい」という気持ちを持ってくれていると言ってくれました。

自分の直感というのは信じていましたが、自然な出会いよりも出会いを求めて婚活サイトに登録したことで必然的な出会いが出来たのではないかと思っています。
婚活サイトに登録したのが25歳の春でしたが、その年のクリスマスには彼女と過ごしていました。

結婚したのが27歳になった6月で新婚生活の真っ最中です。今では彼女のお腹に赤ちゃんもいて、仕事も充実していてとても楽しいです。
本当にブライダルネットに出会いを求めてよかったと思っています。

妊娠した妻
他の体験談を読む おすすめ優良婚活サイト一覧

▼メニューへ