フェイスブックアカウントでお手軽にログインできるのが魅力でした。

ページ
トップ

26歳女性から頂いた
マリソメの体験談

大学を卒業してから大手の銀行に勤めて3年が経ったころ「自分はやっぱり結婚して家庭に入りたいんだ」と強く思うようになりました。
仕事は別に嫌いではなかったけれど、窓口業務を担当して毎日お客様とお話していても、どこか淡々と過ぎていく毎日に焦燥感を感じていたんだと思います。

窓口業務の女性

婚活サイトを利用しようと思ったのはちょうど25歳のころです。
私が利用した婚活サイトは「marisome」というサイトです。

フェイスブックアカウントでもログインできるというのがお手軽に感じ、最初はちょっと覗いてみようという程度で無料会員登録したんです。
でも無料会員で登録するよりも有料で利用した方が制限もないので、そんな風に無料会員登録からはじめて1か月後くらいには有料会員に切り替えていました。

「marisome」で誰かを探しているとある男性からメッセージが届くようになりました。
彼は29歳の税理士で、私と同じではじめて婚活サイトに登録したということでした。

メッセージが丁寧で、私のどこが気に入ったのかあまりピンと来なかったのですが、優しそうな感じだったので一度会ってみることに・・・。

はじめて出会ったときは税理士というイメージとはちょっと違って、どちらかというと体育会系のスポーツマンという感じの人でした。

税理士ということでお堅い職業なのかなと思っていたけれど、彼にはじめて連れて行ってもらったのはロックフェスでした。
真夏の暑い日差しの中、有名アーティストの演奏に彼も私も会場一体となって盛り上がりました。

フェスデート

後で聞いたら私が銀行員だったので、お堅い職業だからこんなところに連れてきたら引かれてしまうんじゃないかと思っていたそうです。 (笑)
デート中も私に「疲れてない?」「足は大丈夫?」など気遣ってくれたところがすごくうれしかったです。

その後は食事をして別れました。
それ以降は週末になると定期的に会うようになり、デートをしています。

今では日曜日に私がお弁当を作って、どこかの公園でのんびりとする時間がとても好きです。
週末になれば「彼に会えるんだ」と思えば、つまらなかったテラー(銀行の窓口係)の仕事もなんだか楽しく思えるようになって、上司からも「彼氏ができたな?」と見破られてしまいました。

公園デート

「marisome」は若い年代の人が多いせいか、婚活サイトではあるんですが、恋愛シミュレーションを楽しむ恋活サイトでもあるので純粋に恋愛を求めて男女が会う場って感じもしています。
まだ結婚という具体的な言葉は出ていませんが、私としてはこの人と一緒に人生を歩んでいきたいと思っています。



▼メニューへ