セキュリティーがしっかりしているので、気になる女性に思い切ってアプローチすることが出来ます。

ページ
トップ

【脱】草食系!
24歳男性の婚活体験談

恋愛に悲観的な若い男性

彼女いない歴2年のサラリーマンです。
つまり社会人になってからは、どうしても恋愛にまで発展するようなお付き合いができないでいます。

よく「草食系」と言われることが多い自分ですが、なにも好きで恋愛に消極的なわけじゃありません。
大学時代は自分からガーッといけてたのに、卒業後はどうしても相手のことを考え過ぎたり人目を気にしたりして無防備に突っ走ることができなくなりました。

もうひとつは、友人関係を壊すのもいやなんですよね。
学生時代は友情をぶち破っても修復する時間や環境があったけれど、会社に勤めるようになってからはプライベートな時間がグッと減ったし仲間同士でワイワイやる環境も無くなりました。
そんな中でせっかく女性と知り合っても、普通は友達関係にまでいくのも珍しいくらいです。
だからっていきなり告っても周囲の目があるし、その後の人間関係にも響くし。
第一そんなのってギャンブルですよね。
初対面で相手のことを何も理解していないまま恋愛関係に持ち込むなんて。
だから未だに彼女ができないというわけです。

そんな自分が考えた彼女を作る方法が「マッチブック」の会員になることでした。
「マッチブック」とはその名の通りFacebookを利用したマッチングサイトなので使い方は簡単です。
お互い「いいね!」をし合わない限りメッセージの交換はできないのですが、相手のプロフィールや写真は見ることができます。

気になるプライバシーはガッチリ守られているので、本名などは自分で名乗らない限り相手に知られることはありません。
またFacebookを利用したからといって、「マッチブック」内での活動を外部に知られることがないので思い切って気になる女性にアプローチすることができます。
自分は実際に入会3か月で2人の女性に会うことができました。

残念ながらその2人とは恋人までにはいかなかったけれど、今でも気の合う友人として連絡を取り合っています。
って、これでは今までと変わらないじゃないかと自分でも笑えますね。
でもリアル社会としがらみのない異性の友人というのもある意味貴重だし、そんな得難い存在に出会えたのは100%「マッチブック」を始めたおかげでしょう。

とはいえ目標は彼女を作ることなので、今も3人の女性とメッセージ交換をしながらお互いの相性や好みを確認中といった感じです。
こんな風に積極的になれるのも「マッチブック」のセキュリティーがしっかりしてて、本気で恋人探しをしたい人たちが集まっているからだと思います。

楽しそうにデートする男女

▼メニューへ